ジュアン・エンリク・ビベス・イ・シシリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はビペス第二姓(母方の)はシシリアです。
ジュアン・エンリク・ビベス・イ・シシリア

ジュアン・エンリク・ビベス・イ・シシリアカタルーニャ語: Joan-Enric Vives i Sicília, 1949年7月24日 - )は、アンドラの共同国家元首(共同大公)、ウルヘル司教

略歴[編集]

1949年、小さな小売店を営んでいた Francesc Vives i Pons と Cornèlia Sicília Ibáñez の三男として、スペインバルセロナで生まれた。1965年に神学校に入り、人文科学や哲学、神学を学んだ。1976年、生まれ育った教区である Santa Maria del Taulat de Barcelona の司祭に任命された。1993年、バルセロナの補佐司教ニン名義司教に任じられ、司教に叙階された。これにより、自動的に Spanish Episcopal Conference の構成員となった。2001年教皇ヨハネ・パウロ2世によってウルヘル協働司教に任命された。2003年5月12日、長らくウルヘル司教を務めていたジュアン・マルティ・アラニスが引退したため、その後任となった。なお、ウルヘル司教はアンドラ公国の国家元首である共同大公を兼ねる。同年7月10日アンドラ・ラ・ベリャの「Casa de la Vall」において、就任宣誓を執り行った。2010年3月、教皇ベネディクト16世から個人的表彰として大司教の称号を授与された。[1]

栄典[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rinuncie e Nomine — Elevazione alla Dignità Arcivescovile Ad Personam del Vescovo di Urgell (Spagna) e Coprincipe di Andorra” (Italian). Holy See Press Office (2010年3月19日). 2010年3月20日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ Portuguese Presidency Website, Orders search form : type "Joan-Enric Vives i" in "nome", then click "Pesquisar"

外部リンク[編集]

先代:
ジュアン・マルティ・アラニス
アンドラの旗 アンドラ公国共同大公
(ウルヘル司教)
2003年 -
次代:
(現職)