ラ・セウ・ドゥルジェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
La Seu d'Urgell

{{{市章説明}}}

ラ・セウ・ドゥルジェイ聖堂
ラ・セウ・ドゥルジェイ聖堂
Flag of Catalonia.svg カタルーニャ州
Bandera de la provincia de Lérida.svg リェイダ県
地域 アルト・ピリネウ・イ・アラン
コマルカ アルト・ウルジェイ
面積 15.4km² [1] km²
居住地区数 7
標高 690m
人口 13,009人(2,011年)[1] 人 ()
人口密度 842.0人/km² [1] 人/km²
住民呼称 urgellencc/-ca、urgellès/-llesa
La Seu d'Urgellの位置(スペイン内)
La Seu d'Urgell
La Seu d'Urgell
スペイン内のラ・セウ・ドゥルジェイの位置
La Seu d'Urgellの位置(リェイダ県内)
La Seu d'Urgell
La Seu d'Urgell
リェイダ県内のラ・セウ・ドゥルジェイの位置

北緯42度21分24.14秒 東経1度27分34.77秒 / 北緯42.3567056度 東経1.4596583度 / 42.3567056; 1.4596583座標: 北緯42度21分24.14秒 東経1度27分34.77秒 / 北緯42.3567056度 東経1.4596583度 / 42.3567056; 1.4596583

ラ・セウ・ドゥルジェイカタルーニャ語: La Seu d'Urgell)は、スペインカタルーニャ州アルト・ウルジェイの中心自治体。リェイダ県に属している。カスティーリャ語表記はSeo de Urgelでセオ・デ・ウルヘル。日本ではウルヘルと短縮して表記されることがある。

概要[編集]

スペイン領ピレネーで最大の人口を持つ。カタルーニャ君主国 (ca) 時代の封土 (ca)、アルト・ピリネウ・イ・アラン(ピレネー高地およびアラン谷)の首都または副首都とされていた(プッチサルダートレムと同格)。

かつて旧ウルヘル県の県都であった。カトリック教会のラ・セウ・ドゥルジェイ司教座が置かれ、司教アンドラ公国の共同統治者を務めている(ウルヘル司教を参照)。

市の名前は、ラテン語の地名villa SedisまたはSedes Urgelli(UrgelletまたはUrgellは、歴史的な領土名である)に由来する。Sedesは、町がラ・セウ・ドゥルジェイ司教の本拠地であることを意味している。12世紀以来あるサンタ・マリア・ドゥルジェイ聖堂は、市内のカステイシウタ地区にあり、司教座が置かれている。

市はセグレ谷の中にあり、2つの河川、バリラ川、セグレ川が流れており、カディ山脈が見える。

人口[編集]

ラ・セウ・ドゥルジェイの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]