ナカリンタラーティラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナカリンタラーティラート王
สมเด็จพระนครินทรธิราช
インタラーチャー1世สมเด็จพระอินทรราชาที่ ๑
在位 1409年 - 1424年
全名 ナカリンタラーティラート王
別名 ナコーンイン親王(เจ้านครอินทร์)
王朝 アユタヤ王朝7代目
家系 ロッブリー家
出生  
テンプレートを表示

ナカリンタラーティラート(Nakarintharathirat、1359年 - 1424年)は、タイの王朝の1つであるアユタヤ王朝の王の1人。通称はナコーンイン親王。または、インタララーチャー1世ともいう。ウートーン家出身の前王、ラーマラーチャーティラートを廃したチャオプラヤー・マハーセーナーボーディーの推挙を受けて王位に就いた。南部進出を狙っていたチエンマイラーンナー王国をはじめとする北部勢力を牽制するため、支配下にあったスコータイ王国の家督争いを調停したことがある。ナカンリンタラーティラートには、アイプラヤーイープラヤーサームプラヤーという3人の息子がおり、それぞれをスパンブリープレークシーラーチャーチャイナートの国主に任命した。ナカリンタラーティラートが崩御するとこの3人が象にまたがって戦ったが、アイプラヤーとイープラヤーが相討ちして死亡したため、一番若かったサームプラヤーが王位に就くことになった。

関連項目[編集]