バーンムアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バーンムアン
タイ語: ขุนบาลเมือง
スコータイ王朝第2代王
在位 1238年 - 1279年
王朝 スコータイ王朝
シーインタラーティット
子女 グワナムトゥム
テンプレートを表示

バーンムアン王タイ語: ขุนบาลเมือง英語: Ban Muang)は、タイの古代王朝、スコータイ王朝の2代目の王。建国者シー・インタラーティットの第二子[1]。現在のスコータイ県を中心とする地域を統治した。

生没年については詳しい記録は残っておらず、父王シー・インタラーティットから政権を引き継いだ年齢さえ分かっていない。ラームカムヘーン大王碑文には当時王子であった弟ラームカムヘーンに看病されるバーンムアン王の姿が描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ ロン・サヤマナン『タイの歴史』(二村龍男訳, 近藤出版社, 1977年6月)、44頁

関連項目[編集]