ナレースワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナレースワン大王
สมเด็จพระนเรศวรมหาราช
サンペット2世
สมเด็จพระสรรเพชญ์ที่ ๒
Royal statue king naresuan ay.jpg
在位 1590年7月29日 - 1605年4月25日
全名 ナレースワン大王
王朝 アユタヤ王朝21代目
家系 スコータイ王家
統治地域 現在のタイ王国アユタヤ
中心とする一部地域
出生 1555年
テンプレートを表示


ナレースワン(Naresuan、1555年 - 1605年4月25日)は、タイアユタヤ王朝の21代目の王。サンペット2世(Sanphet II)ともいう。「大王」と称せられ、また「黒の王」とも呼ばれる。マハータンマラーチャーティラート王(サンペット1世)の子。ピッサヌローク生まれ。日本語では「ナレースエン」とも表記される。


略歴[編集]

ノーンサーラーイの戦い(1593年)でビルマ王子ミンチット・スラと戦うナレースワン王、サムットプラーカーン県
1600年、ビルマの都ペグーに入城するナレースワン王

1563年、父が知事を務めていたピッサヌロークがビルマバインナウン王に攻められると、ナレースワンは人質としてビルマに連行された。

1569年、タイがビルマの属国になると父が傀儡としてタイの王に擁立される。同年、父王は娘スパンカンラヤーをビルマ王に嫁がせ、代わりにナレースワンを帰国させた。ビルマで軍事を学んだナレースワンは独立を目指してタイの武力強化を進めた。この時に古式ムエタイが創始されたともいわれる。

1574年、タイは挙兵し、ビルマのシッタン川でナレースワンが敵軍の先鋒を銃殺するなど緒戦は優勢に展開したものの独立するには至らなかった。1581年、バインナウン王が死にビルマが急速に衰退し始めると、ナレースワンは父王を扶けて再び兵を挙げ、1584年に独立を果たした。

1590年、父王が死ぬと王位を継ぐ。1594年からビルマに侵攻し、1600年にはビルマの都ペグーを落とした。ナレースワンは武人として数々の戦いで自ら軍を指揮し、カンボジアとの戦いでは、プラヤー・ラウェーク王を捕らえ斬首し、その血で足を洗うというインドシナ半島で行われていた戦勝儀式を行っている。1604年、ビルマのタイ系シャン族がビルマ王ナンタブレンが毒殺されたことによる混乱に乗じて恭順してきたことから、彼らを保護するためにナレースワンは兵を率いてアユタヤから北上したものの、翌年、現在のチエンマイ県北部で病死した。

現在の評価[編集]

ナレースワン大学にある彫像

現在、タイの歴史においてその業績が目覚ましいために「大王」と称される王は7人いる。中でもナレースワンは救国の英雄として「タイ三大王」の1人と称されており、現行の通貨である50バーツ紙幣の裏面に肖像が使用されている。神格化もされており、ムエタイの創始者という伝承から、ムエタイ選手は彼の像の前で戦勝を祈ることがある。

関連項目[編集]