エーカートッサロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エーカートッサロット
(サンペット3世)

สมเด็จพระเอกาทศรถ สมเด็จพระสรรเพชญ์ที่ ๓
Ekatotsarotwpamok06.jpg
戴冠 1605年
退位 1610年
出生 1556年
死亡 上記に同じ
テンプレートを表示

エーカートッサロット王: สมเด็จพระเอกาทศรถ)はタイアユタヤ王朝の22代目の王。サンペット1世の子、ナレースワンの弟。“白の王”と呼ばれる事もある。即位前から兄ナレースワンの反ビルマ戦争を助け、アユタヤ王朝の独立を助けた。即位後はビルマとの戦争を避け、税制と整え、寺院を建設し内政を強化した。外交面では多くの功績を残した。オランダと接触し、オランダに1607年、タイ史上初めて西洋に使節団を送った。1612年にはイギリスと接触し、イギリス人アユタヤおよびパタニ王国での商業を許可した。

王位継承[編集]

エーカートッサロット王には何人かの男子がいたが、晩年、長子のスタット親王を大総督の位に就けた。ところが、王の近臣ピヤ・ナイワイが、スタット親王が王位を狙っていると讒言したため、親王は罷免され、さらに処刑されてしまったという。

そしてエーカートッサロット王の後を継いだのは、スタット親王の弟インタラチャ親王、後のソンタム王である。


注:ナーラーイ王の名前の一部にもエーカートッサロットの名称が見える。

参考文献[編集]

関連記事[編集]