シーインタラーティット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シーインタラーティット
タイ語: พ่อขุนศรีอินทราทิตย์
スコータイ王朝初代王
พ่อขุนศรีอินทราทิตย์.jpg
在位 1220年 - 1238年
別名 ポークン・バーンクラーンハーオ
王朝 スコータイ王朝
子女 バーンムアン
テンプレートを表示

シーインタラーティットタイ語: พ่อขุนศรีอินทราทิตย์英語: Si Inthrathit)は小タイ族を中心とするタイの最初の王で、スコータイ王朝最初の王である。現在のスコータイ県の近辺を統治した。

概略[編集]

年代については断定できないが、13世紀ごろにはクメール人の王朝のもとでバーンヤーン(現在のピサヌローク県ナコーンタイ郡)の領主をしており、名はポークン・バーンクラーンハーオであったとされる。ラート(地名)の小タイ族領主であったポークン・パームアンとクメール人を追い出し、王国を作った。バーン・クラーンクラオは王位に就き、シーインタラーティットと名乗り、パームアンは摂政に就いたとされるが、実はシーインタラーティットとパームアンは同一人物であったという説もある。生没年不詳で、スコータイ王朝2代目の王、バーンムアン王と政権を引き継いだ年代も不明である。ただ、まだこのころのスコータイ王朝はあまり大きな王国ではなかったといわれている。

関連項目[編集]