マハータンマラーチャー4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マハータンマラーチャー4世
タイ語: พระมหาธรรมราชาที่ ๔
スコータイ王朝第9代王
在位 1419年 - 1438年タイ仏暦1962年 - 1981年)
王朝 スコータイ王朝
マハータンマラーチャー3世
テンプレートを表示

マハータンマラーチャー4世タイ語: พระมหาธรรมราชาที่ ๔英語: Maha Thammaracha IV)は、タイの古代王朝、スコータイ王朝の9代目の王である。

マハータンマラーチャー3世の死後、長男のプラヤー・バーンムアンと次男のプラヤー・ラームが王位を争ったので、アユタヤー王朝ナカリンタラーティラート王が調停に入り、長男のプラヤー・バーンを4世とすることで家督争いは解決を見た。4世の死後は、親族でありアユタヤー王朝の王でもあるラーメースワン王子(後のボーロマトライローカナート王)が家督を継ぎ、スコータイ王国はアユタヤ王国に吸収され消滅した。

関連項目[編集]