プラーサートトーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラーサートトーン王
สมเด็จพระเจ้าปราสาททอง
サンペット5世
สมเด็จพระสรรเพชรณ์ที่ ๕
在位 1629年 - 1656年8月7日
全名 プラーサートトーン王
別名  プラモン・シー
王朝 アユタヤ王朝27代目
家系 プラーサートトーン王家
出生  
テンプレートを表示

プラーサートトーン王1600年 - 1656年8月7日)はタイアユタヤ王朝の27代目の王。ソンタム王の母の兄の子とされるが、エーカートッサロット王の隠し子であるとの説もある。

略歴[編集]

幼少の頃からソンタム王に小姓として仕えていたといわれ、16歳の時には小姓の長になっていた。18歳の時、豊作を祈る国家の儀式の場で衛兵と喧嘩になり、数人を殺傷してしまい、投獄される。(喧嘩の原因は未詳。)しかし、ナレスワンの老妃の助命嘆願により出獄。その後すぐ、ソンタム王の兄弟を殺害する計画が露見し、再び投獄される。しかし、カンボジヤ遠征のおり、出征する友人に頼み込んで従軍、戦功をあげてそれまでの罪を許され、宮内官となる。その後、今度は王弟シーシンの侍妾を誘惑したとされ、死刑宣告を受けるが、やはり血縁者の減刑運動によって死をまぬがれた。以降はソンタム王の信任を受け、プラヤー・シーウォーラウォンに昇進。ソンタムの死後はその遺言に従い、チェーター親王を即位させた。チェーター王が叔父のシーシン親王が王位をねらっていると聞き、シーウォーラウォンに処刑させた。その功によってチャオプラヤー・カラーホームスリヤウォンに昇進した。しかし、チェーター王が不審な動きを示したのでこれを処刑し、その後アーティッタヤウォンを即位させたが、あまりに幼く官吏らがカラーホームに王位に付くよう願ったので、王位に就いた。

この王の間、パタニ王国が謀反を起こしたので沈静しに軍を派遣したが、一方で手薄になったチエンマイビルマに取られてしまった。

内政面では、大蔵省を設置し、対外貿易政策として貴重品等は国庫に納めてから外国へ送られることになり、最大の輸出品目である米についても、王の許可を受けなければならないとし、タイの華僑に打撃を与えた。しかしその実情は王家主導の貿易業務を華僑に委託するというもので、鎖国中の日本も、中国とだけ例外的に交易していたこともあり、中国人にはプラスに働いたとする見解もある。

山田長政との関係[編集]

シーウォーラウォンは同時代にアユタヤ王朝に仕えた日本人傭兵山田長政と自身の即位をめぐって宮廷内で対立したため、これを左遷した後、密命によって毒殺したとオランダの史料は記している。更にシーウォーラウォンは反乱の恐れがあるとして日本人傭兵隊の本拠地と言えるアユタヤ日本人町を焼き払った。この事件以降、日本人勢力はアユタヤ王朝において軍事的・政治的な力を失い、二度と往時の権勢を取り戻すには至らなかった。日本では山田長政関連の小説で、この王は「オーヤー・カラホム」とし、ずるがしこい官吏として小説数本に見えている。 しかしそれは、第二次大戦中に日本軍の南進政策の宣伝のため山田長政が採り上げられた、その名残をひきずった感もあり、現地のタイではプラサートトーン王が特別悪賢い王として捉えられているわけではない事に注意されたい。[要出典]

現在の評価[編集]

関連項目[編集]