ラーマーティボーディー2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラーマーティボーディー2世
สมเด็จพระรามาธิบดีที่ ๒
 
在位 1491年 - 1529年
全名 ラーマーティボーディー2世
別名  
王朝 アユタヤ王朝11代目
家系 ロッブリー家
出生 1472年
テンプレートを表示

ラーマーティボーディー2世1472年 - 1529年)は現在のタイにあったアユタヤ王朝の王の一人。トライローカナート王の息子である。トライローカナート王のアユタヤー・ラーンナー戦争英語版1456年 - 1474年)でのチエンマイ北伐に加わり、『リリット・ユワンパーイ』を作詩したと言われる。この王の治世の時に、ポルトガル人が当時タイ領土であったマラッカを占領し、ポルトガルの主権をラーマーティボディー2世に認めさせた。これを機にポルトガル人がタイに来るようになった。

関連記事[編集]