理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

哲学において理由(りゆう、: ratiō: reason, ground: raison: Grund)は、正しく結論を導き出す根拠・論拠をいい、帰結に対するもの。

理由と帰結の関係は論理的見地より見られた制約と被制約者との関係(論理的理由)であるが、実在的関係より見れば結果に対する原因と同義(実在的理由)となる。

ゴットフリート・ライプニッツ充足理由律矛盾律と共に掲げ、哲学の原理とした。

参考文献[編集]

  • 『哲学事典』 平凡社、1971年ISBN 978-4582100013
  • 『日本国語大辞典 第二版 第13巻』 日本国語大辞典第二版編集委員会、小学館国語辞典編集部、小学館、2002年ISBN 978-4095210131

関連項目[編集]