シュトラウブ・ブルノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シュトラウブ・ブルノー
Sraub F. Brunó2.jpg
ハンガリーの旗第6代ハンガリー人民共和国
国民議会幹部会議長
任期
1988年6月29日 – 1989年10月18日
前任者 ネーメト・カーロイ
後任者 スーレシュ・マーチャーシュ(ハンガリー共和国暫定大統領)
個人情報
生誕 (1914-01-05) 1914年1月5日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ナジヴァーラド
(ルーマニアの旗 ルーマニアオラデア)
死没 1996年2月15日(1996-02-15)(82歳)
国籍 Hungarian
配偶者 Gertrud Szabolcsi
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にブルノー・シュトラウブと表記することもあります。

シュトラウブ・ブルノー(Straub Ferenc Brunó、1914年1月5日オラデア1996年2月15日)はハンガリー生化学者・政治家ハンガリー社会主義労働者党政権最後の国民議会幹部会議長国家元首)を務めた。

生化学者としてはセント=ジェルジの弟子で、1942年に筋肉の主要タンパク質であるアクチンを発見し、さらに筋肉の収縮機構を研究した。

第二次大戦後、セゲド大学教授となり、酵素反応機構などを研究し、ハンガリー科学アカデミー酵素学研究所を創立した。また、国の科学技術政策にも参画した。

1988年、ブルノーはハンガリー社会主義労働者党の党員ではなかったが、カーダール・ヤーノシュ第一書記の退陣に伴う人事異動で国家元首にあたる国民議会幹部会議長に推挙され、翌年には一党独裁体制の放棄が決定された。

先代:
ネーメト・カーロイ
ハンガリーの旗ハンガリー人民共和国
国民議会幹部会議長
1988年 - 1989年
次代:
スーレシュ・マーチャーシュハンガリーの旗ハンガリー第三共和国暫定大統領)