ケネス・カウンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ケネス・カウンダ
Kenneth Kaunda
Kenneth David Kaunda detail DF-SC-84-01864.jpg

任期 1964年10月24日1991年11月2日

任期 1987年7月27日1988年5月25日

非同盟諸国首脳会議
第3代事務総長
任期 1970年9月10日1973年9月9日

任期 1970年9月1日1971年6月21日

出生 (1924-04-28) 1924年4月28日(94歳)
Flag of Northern Rhodesia (1939-1953).svg 北ローデシアチンサリ
政党 統一民族独立党 (UNIP)
アメリカ合衆国ジミー・カーター大統領とカウンダ(1978年)

ケネス・デヴィッド・カウンダKenneth David Kaunda1924年4月28日 - )は、ザンビア政治家。同国の初代大統領(在任1964年-1991年)。

大統領を退任した1991年まで発行されていたザンビア・クワチャ紙幣に肖像が使用されていた。

経歴[編集]

イギリス領だった北ローデシアで、マラウイ出身のスコットランド長老派教会の牧師の8番目の末っ子として生まれる。1951年、北ローデシアアフリカ民族会議が結成されるとそれに参加し、党の事務局長となったが、1958年離党。1960年統一民族独立党 (UNIP) を結成し、独立運動を展開。1962年の選挙で過半数を獲得し、北ローデシア植民地政府首相となる。

1964年ザンビアが独立すると、統一民族独立党を率いてそのまま大統領に就任。経済的には、欧米資本に握られていた鉱山などを国有化社会主義政策を進め、タンザニアジュリウス・ニエレレ大統領とともに中華人民共和国の支援を得てタンザン鉄道の建設を行った。1970年代までは、主力であるの輸出が好調だったため経済も潤っており、市民の支持を背景に独裁の傾向を強め、1972年には統一民族独立党以外のすべての政党を禁止し、一党独裁政治を行い、カウンダスーツと呼ばれる中国の人民服に似た服装を愛用した[1]。外交面では、汎アフリカ主義の指導者の一人であり、南ローデシア(現在のジンバブエ)やアパルトヘイト体制下の南アフリカ共和国と対立してロバート・ムガベネルソン・マンデラを支援するフロントライン諸国英語版(FLS)の議長をニエレレから引き継ぎ[2]1980年代からは南部アフリカ開発共同体の前身である南部アフリカ開発調整会議英語版東南部アフリカ市場共同体の前身である特恵貿易地域ルサカで設立する[3][4]

しかし、1980年代からの価格の暴落による経済の停滞と汚職問題に対する市民の不満が高まったため、1991年に民主化を行い、複数政党制による大統領選挙を実施。複数政党制民主主義運動(MMD)のフレデリック・チルバに敗れ、下野する。

1992年、カウンダは統一民族独立党の党首を辞任。与党MMDはカウンダを敵視し、国籍要件の変更によりカウンダの大統領選出馬を不可能にし、またさまざまな弾圧を行ったため、UNIPは1996年の選挙をボイコットした。 1997年クーデター未遂事件が起こり、MMDは容疑者としてカウンダを逮捕したものの、やがて釈放された。2000年、カウンダは政界を引退した。

スポーツとの関係[編集]

カウンダは大統領在職時には国内経済の好況を背景にサッカーザンビア代表の強化に力を入れた[5]。チームはカウンダ大統領のイニシャルに因んで「KKイレブン」と呼ばれていた[5]が、大統領職を退いた後の1993年4月27日に代表チームを乗せた輸送機がガボン沖の大西洋上に墜落する航空事故が発生(ガボン航空惨事)し、選手18人を含む乗員乗客全員が死亡した[5]。事故の一報を聞くとカウンダは感情を取り乱したといわれている[5]

その他[編集]

2015年8月21日に放送された『世界の村で発見!こんなところに日本人』にて現地に住む日本人の案内により、千原せいじがカウンダの家を訪ねている。

脚注[編集]

  1. ^ Kaunda lauds Chinese role as 'force for good' in continent”. The Irish Times (2008年8月25日). 2018年7月15日閲覧。
  2. ^ Arnold, Guy (6 April 2010). The A to Z of the Non-Aligned Movement and Third World. Scarecrow Press. pp. 126–127. ISBN 9781461672319.
  3. ^ HISTORY AND TREATY”. SADC. 2018年7月14日閲覧。
  4. ^ COMESA salutes Zambia’s founding father on his 93rd birthday”. COMESA. 2018年7月14日閲覧。
  5. ^ a b c d イアン・ホーキー著、伊藤真訳 『アフリカサッカー--歓喜と苦悩の50年』 実業之日本社2010年、231-233頁。ISBN 978-4408452821
公職
先代:
(新設)
ザンビアの旗 ザンビア共和国大統領
初代:1964 - 1991
次代:
フレデリック・チルバ
先代:
ロイ・ウェレンスキー
ローデシア・ニヤサランド連邦大統領)
Flag of Northern Rhodesia (1939-1953).svg 北ローデシア 自治政府首相
初代:1964
次代:
(独立)
外交職
先代:
ガマール・アブドゥン=ナーセル
非同盟諸国首脳会議事務総長
第3代:1970 - 1973
次代:
Houari Boumediène (en)
先代:
アマドゥ・アヒジョ
ドニ・サスヌゲソ
アフリカ統一機構議長
第9代:1970 - 1971
第25代:1987 - 1988
次代:
モクタル・ウルド・ダッダ
ムーサ・トラオレ