レオポール・セダール・サンゴール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオポール・セダール・サンゴール
Léopold Sédar Senghor
Léopold Sédar Senghor.jpg

任期 1960年9月6日1980年12月31日

出生 1906年10月9日
フランスの旗 フランス領西アフリカジョアル
死去 2001年12月20日(満95歳没)
フランスの旗 フランスカルヴァドス県・ヴェルソン
政党 セネガル社会党

レオポール・セダール・サンゴールLéopold Sédar Senghor1906年10月9日 - 2001年12月20日)は、セネガル共和国初代大統領1960年9月6日 - 1980年12月31日)を務めた政治家詩人

セネガル共和国(当時はフランス領西アフリカの一部)ティエス州ンブール県ジョアル村で生れた(セレール族カトリック教徒)。フランス留学中に起こった第二次世界大戦では、フランス軍に志願して入隊。捕虜を経験した後、釈放後もレジスタンスと協力して、後の仏大統領ジョルジュ・ポンピドゥと親交を深めている。

また、フランス語詩人としても著名であり、彼の詩は広く賞賛されるとともに、彼はアフリカ出身で初めてアカデミー・フランセーズ会員になった(1983年)。彼はセネガル国歌歌詞も書いている。1930年代から1940年代にはマルティニークエメ・セゼールと共にネグリチュード運動を牽引した。

独立後は対内的にアフリカ社会主義政策を、対外的には親欧米政策、親仏政策を採り、初代チュニジア大統領のハビーブ・ブルギーバや、初代ニジェール大統領のアマニ・ディオリなどと共にフランコフォニー国際機関(組織)の設立に尽力した。

レオポール・セダール・サンゴール国際空港レオポール・セダール・サンゴール競技場レオポール・セダール・サンゴール橋は彼の名にちなんで命名されたものである。

主な作品[編集]

  • Chants d'ombre (1945)
  • Hosties noires (1948)
  • Anthologie de la nouvelle poésie nègre et malgache (1948)
  • Ethiopiques (1956)
  • Nocturnes (1961)
  • Lettres de d'hivernage (1973)
  • Elégies majeures (1979)
  • La poésie de l'action : conversation avec Mohamed Aziza (1980)
  • Ce que je crois (1988)

関連[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
(独立、フランス植民地帝国
セネガルの旗 セネガル共和国大統領
初代:1960 - 1980
次代:
アブドゥ・ディウフ
外交職
先代:
オルシェグン・オバサンジョ
西アフリカ諸国経済共同体議長
第3代:1979 - 1980
次代:
ニャシンベ・エヤデマ
先代:
ウィリアム・R・トルバート
アフリカ統一機構議長
(代行)1980
次代:
シアカ・スティーブンス


前任:
アントワーヌ・ド・レヴィ・ミルポワー
アカデミー・フランセーズ
席次16

第18代:1983年 - 2001年
後任:
ヴァレリー・ジスカール・デスタン