タンザン鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンザン鉄道の車両
イファカラの駅

タンザン鉄道(TAZARA、タンザニア・ザンビア鉄道)は、タンザニアダルエスサラームと、ザンビアカピリムポシを結ぶ鉄道。

概要[編集]

ザンビアはカッパーベルトを擁する銅鉱石の産地で、銅鉱石は当時イギリス領だった南ローデシア(現在のジンバブエ)を経由して南アフリカから輸出されていた。しかし1965年南ローデシアイアン・スミス自治政府首相によって一方的に独立を宣言、アパルトヘイト政策を実行すると国際連合は経済封鎖を実行。ローデシアとの通商を閉ざしてしまうが、これによってザンビアは銅鉱石の輸出が殆ど不可能になり、経済的に苦境に陥った。

このためローデシアを経由せずタンザニアダルエスサラームから輸出することを目的として、1970年中華人民共和国の援助によって建設を開始。1975年に完成した。全長は1859km、軌間は1067mm。

経由[編集]

ザンビア
タンザニア

関連項目[編集]