カッパーベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カッパーベルト(ザンビア側)の地図

カッパーベルト英語: Copper Belt)は、アフリカ大陸南部・ザンビア中部のカッパーベルト州からコンゴ民主共和国南部のカタンガ州にかけて広がる銅山地帯の呼称。その名の通りの世界的産地。銅鉱床は始生界の古海岸線沿いに堆積した銅鉱物からなる。鉱床規模はポーフィリーカッパー鉱床に匹敵する2000万t級の埋蔵量ではあるが、両国の政治経済的混乱により世界の銅生産におけるカッパーベルトの占有率は減り続けていた。2009年現在、DRC(コンゴ民主共和国)の許可がおり、いくつかの鉱山が再開予定であり、銅価の回復もあって生産割合は増えると考えられる。また、銅生産の副産物であるコバルトも重要な産出品となっており、2005年時点で世界生産量の約50%を産する。キトウェンドラルブンバシなどが地域内の代表的な都市である。

関連項目[編集]