ヤイ・ボニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トマ・ヤイ・ボニ
Thomas Yayi Boni
Yayi Boni.jpg
トマ・ヤイ・ボニ(2012年3月)

任期 2006年4月6日2016年4月6日
首相 パスカル・クーパキ英語版
(2011年 - 2013年)
リオネル・ザンス英語版
(2015年 - 2016年)

アフリカ連合
第10代総会議長
任期 2012年1月29日2013年1月27日

出生 1952年7月1日(64歳)
フランスの旗 フランス領ダホメチャウールー
政党 無所属
配偶者 シャンタル・ボニ
子女 5人

トマ・ヤイ・ボニフランス語: Thomas Yayi Boni1952年7月1日 - )はベナン銀行家、政治家同国大統領(第4代)、アフリカ連合総会議長(第10代)を務めた。ヤイが姓であり、日本外務省ボニ・ヤイ(トーマ・ボニ・ヤイ[1]、トマ=ボニ・ヤイ[2])と表記している。

経歴[編集]

1952年7月、フランス領ダホメチャウールー(現在のボルグー県)で生まれる。ボルグーから大きく南下したリトラル県コトヌーにある国立ベナン大学英語版に進学して経済学を学び、ダカールシェイク・アンタ・ジョップ大学で経済学修士号を取得した。その後フランスに渡ってオルレアン大学英語版に通い経済学・政治学博士号を取得し、銀行員として働く。1976年にはパリ・ドーフィネ大学英語版経済学博士号を取得した。

ベナンに戻ったヤイは、1980年から1988年までベナン金融銀行英語版で副局長として働いた。1994年には実績が評価され、ダカールに本拠を置く西アフリカ諸国中央銀行の社長となった。2006年3月15日に開かれた大統領選挙では当選が危ぶまれたが、3月19日の決戦投票では対立候補のアドリアン・ウンベジ英語版を破り、同年4月6日にベナン共和国第4代大統領(ベナン15代大統領)に就任した。

2007年3月15日、町の議員集会が終了して政府庁舎に戻る際、ヤイに反感を抱く反政府勢力が道路を封鎖して待ち伏せした。ヤイが別車両に乗り移ろうとした際、側近が反政府勢力の人間と揉み合いになり、負傷するという事件が起こった。

2013年2月27日に訪日。

2016年4月6日、10年と9日間の在任を終えて大統領職を退いた。後任には、無所属のパトリス・タロンが就任した。

脚注[編集]

  1. ^ ベナン共和国大統領選挙について”. 外務省 (2011年4月5日). 2015年2月21日閲覧。
  2. ^ 日・ベナン首脳会談”. 外務省 (2013年6月1日). 2015年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
マチュー・ケレク
ベナンの旗 ベナン共和国大統領
第4代:2006年 - 2016年
次代:
パトリス・タロン
外交職
先代:
テオドロ・オビアン・ンゲマ
アフリカ連合総会議長
第10代:2012年 - 2013年
次代:
ハイレマリアム・デサレン