モクタル・ウルド・ダッダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モクタル・ウルド・ダッダ
Moktar Ould Daddah
مختار ولد داده
Moktar Ould Daddah - 1977.jpg

任期 1960年11月28日1978年7月10日

任期 1971年6月21日1972年6月12日

出生 (1924-12-25) 1924年12月25日
ブーティリミット、トラルザ州
死去 (2003-10-14) 2003年10月14日(78歳没)
フランスの旗 フランスパリ
政党 モーリタニア人民党

モクタル・ウルド・ダッダ(Moktar Ould Daddah, 1924年12月25日 - 2003年10月14日)は、モーリタニア政治家1960年、モーリタニアのフランスからの独立後、まず内閣首長となり、1961年初代大統領になった。1978年まで、三期にわたり大統領に選任された。

モーリタニアの富裕な家庭に生まれた。パリに留学し、法学を学んだ。ダッダはモーリタニア出身者で最初に学士号を得た人物である。1950年代後半にモーリタニアに帰国し、中道左派勢力のモーリタニア進歩連合に加入した。党首脳となるが、1959年にモーリタニア再編党(PRM)を結成、党首となる。独立前に行われた選挙でPRMは国会第一党となり、ダッダが内閣首班に指名された。

モーリタニアはムーア人、黒人、スペイン系の三つの民族集団からなるが、ダッダはそのバランスをよく維持して政局を安定させた。1961年に初代大統領となり、8月の総選挙で勝利し、これを確実なものとした。

ダッダは第二党との合同を進め、1961年9月には新政党モーリタニア人民党(PPM)を結成した。これによって事実上の一党政治が実現した。1964年にはPPMによる一党独裁制を法律上の制度とした。

1971年にはアフリカ連合の議長に選挙される。しかしこのころから国内政治には失策が続くようになる。スペインスペイン領サハラ(西サハラ)を放棄すると、西サハラ南部の領有権を主張してモロッコと共に介入したが、サハラ・アラブ民主共和国の建国(西サハラ独立)を望むポリサリオ戦線に敗北し、失敗した。経済危機もこれに加わって、1978年軍のクーデターで失脚した。

公職
先代:
(創設)
モーリタニアの旗 モーリタニア・イスラム共和国大統領
初代:1960 - 1978
次代:
ムスタファ・ウルド・サレク (en
(国家再生軍事委員会委員長)
外交職
先代:
ケネス・カウンダ
アフリカ統一機構議長
第10代:1971 - 1972
次代:
ハサン2世