タボ・ムベキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タボ・ムヴイェルワ・ムベキ
Thabo Mvuyelwa Mbeki
SthAfrica.ThaboMbeki.01.jpg

任期 1999年6月14日2008年9月25日

南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
(アパルトヘイト後)
第2代副大統領
任期 1994年1999年
元首 ネルソン・マンデラ

アフリカ連合
初代総会議長
任期 2002年7月9日2003年7月10日

出生 (1942-06-18) 1942年6月18日(74歳)
南アフリカの旗 南アフリカ連邦
ケープ州、イドチワ
政党 アフリカ民族会議
配偶者 ザネレ・ドラミニ
署名 Thabo Mbeki Signature.svg

タボ・ムヴイェルワ・ムベキ英語: Thabo Mvuyelwa Mbeki1942年6月18日 - )は、南アフリカ共和国政治家大統領(第9代)、副大統領アフリカ民族会議議長(第12代)、アフリカ連合初代総会議長を歴任。

人物[編集]

生い立ち[編集]

南アフリカのトランスカイ地域に生まれたムベキは、アフリカ民族会議(ANC)および南アフリカ共産党の中心的人物として活動したゴヴァン・ムベキの息子であり、ムベキも南アフリカ共産党に入党していた[1]。ムベキはサセックス大学を卒業し、経済学の学位を持つ。

反アパルトヘイトの闘士[編集]

アパルトヘイト時代に逮捕、監禁されるが、国外追放となりイギリスで長年を過ごす。ネルソン・マンデラ釈放後に帰国する。彼は海外で教育を受け、国外追放期も反アパルトヘイト活動を継続した若いANC闘士のうちの一人であった。

大統領[編集]

1999年、総選挙でANCが再び勝利し、マンデラの後継として大統領に就任した。マンデラの経済成長路線を堅持、またアフリカ統一機構からアフリカ連合への改組を主導し、アフリカの盟主として積極的にアフリカ地域の紛争解決に乗り出して経済界や主要国から評価されている。2004年の総選挙でも勝利し、大統領に再任した。BRICSの一員として中華人民共和国インドブラジルロシアとの関係も強化した[2]

所得格差や犯罪率の抑制、エイズ問題に関して有効な政策を打ち出せない状況に対し、副大統領のジェイコブ・ズマを中心に党内から非難が起きた。これに対して2005年、汚職疑惑を理由にズマを罷免し、党内の主導権を確立しようとした。ズマはレイプ疑惑で被告人として起訴されるも無罪を勝ち取り、反ムベキの活動を展開し、2007年のANC議長選挙でムベキはズマに敗れた。

2008年、ズマ率いるANC全国執行委員会から辞職勧告を受けたことから辞職表明した。

出典[編集]

  1. ^ Gevisser, Mark (2001). "ANC was his family, the struggle was his life". Sunday Times. Archived from the original on 1 October 2006. Retrieved 22 November 2006.
  2. ^ "Communique on India-Brazil-South Africa (IBSA) Dialogue Forum". South African Department of Foreign Affairs.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

外交職
先代:
レヴィー・ムワナワサ
アフリカ統一機構が改編
アフリカ連合総会議長
初代:2002 - 2003
次代:
ジョアキン・アルベルト・シサノ
公職
先代:
ネルソン・マンデラ
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国大統領
第9代:1999 - 2008
次代:
Ivy Matsepe-Casaburri(代行)
先代:
フレデリック・ウィレム・デクラーク
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国副大統領
1994-1996はデクラークと共同
(アパルトヘイト後)第2代:
1994 - 1999
次代:
ジェイコブ・ズマ
党職
先代:
ネルソン・マンデラ
African National Congress Flag.svg ANC議長
第12代:1997 - 2007
次代:
ジェイコブ・ズマ