モハメド・アン=ヌメイリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガアファル・ムハンマド・アン=ヌメイリー
アラビア語: جعفر محمد النميري
Gaafar Nimeiry 1981.jpg

任期 1969年5月25日1971年7月19日
任期 1971年7月22日1985年4月6日

任期 1969年10月28日1976年8月9日
任期 1977年9月10日1985年4月6日

出生 (1930-01-01) 1930年1月1日
エジプトの旗 エジプトハルツーム州
オムドゥルマンワド・ヌバウィ
死去 (2009-05-30) 2009年5月30日(79歳没)
スーダンの旗 スーダンハルツーム州
政党 国民会議

ガアファル・ムハンマド・アン=ヌメイリーアラビア語: جعفر محمد النميريGaafar Muhammad an-Numeiry1930年1月1日 - 2009年5月30日)は、スーダンの軍人、政治家。同国の革命評議会議長、大統領(第3・5代)、首相(第9・11代)などを歴任した。

経歴[編集]

スーダンの首都ハルツーム近郊オムドゥルマンのワド・ヌバウィ出身。父は郵便職員で曾祖父はドンゴラのワド・ヌメイリーの族長である。

左からヌメイリ、 ナセル、カダフィ(1969年)

1952年にスーダン軍事大学を卒業し、そこで同年にエジプトで権力を握るガマール・アブドゥン=ナーセル自由将校団の影響を受けた。1966年ヌメイリはカンザス州アメリカ陸軍レヴンワース基地アメリカ陸軍指揮幕僚大学を卒業した。3年後ヌメイリーはイスマイール・アル=アズハリー英語版の文民政権を倒す軍事クーデタを指揮し、権力を握った。ヌメイリーは社会主義かつ汎アラブ主義的改革を行った。1970年にはサーディク・アル=マフディー英語版によるクーデターを防ぎ、1971年7月18日から22日の短期間アッタ少佐率いる共産主義者に権力を奪われるも回復して閣僚のジョセフ・ガラン英語版スーダン共産党員を処刑してソ連の軍事顧問を追放し[1]中ソ対立を起こしていた中華人民共和国[2][3][4]西側諸国から武器の援助を受け、中国の援助で友好会館アラビア語版などが建設された[5]。9月15日の大統領選挙に98.6%の得票で当選すると10月10日に大統領に就任し、10月14日革命評議会を解散した。1972年にエチオピアの皇帝ハイレ・セラシエ1世の仲裁[6]アディス・アベバ合意で17年間続いた第一次スーダン内戦を終結させた。また、エジプトのアンワル・アッ=サーダートによるイスラエルとのキャンプ・デービッド合意を支持していたことからリビアムアンマル・アル=カッザーフィーとの軋轢があり[7]、カッザーフィーをライバル視したザイールモブツ・セセ・セコと友好的関係を築き[8]、リビアの抜けたアラブ共和国連邦に再加盟したりした[9][10][11]

1981年イスラーム主義の反対派の圧力を受け政策を転換した。1983年国政にシャリーア(イスラム法)を導入し、アディスアベバ合意に反して南部スーダン政府も解散させたことなどで南部の黒人(主にアニミズム、一部キリスト教徒)の反感を買い、第二次内戦を招いた。1985年にヌメイリはアズハリ政権時代に宗教的扇動者として訴えられ、背教者とされる判決を受けていたイスラム改革主義者のマフムード・ムハンマド・ターハーの処刑を認めた。4月6日ヌメイリーはスワル・アル=ダハーブ将軍によるクーデターで失脚し、政治生命を絶たれエジプトに亡命、カイロヘリオポリスで過ごした。政権は翌年選挙によりかつてクーデターを首謀したイスラーム主義者のサーディク・アル=マフディーに移った。

1999年5月にスーダンへ戻り、熱烈な歓迎を受け、彼の批判者を驚かせた。国民会議を支持し大統領選挙で9.6%の票を獲得した。

2009年5月30日に死去したことがスーダン政府当局者によって明らかにされた。満79歳没。

参照[編集]

  1. ^ Voll, John Obert; Fluehr-Lobban, Carolyn; Lobban, Richard (1992). Historical dictionary of the Sudan. Scarecrow Press. p. 204. ISBN 9780810825475.
  2. ^ CHINA'S INVOLVEMENT IN SUDAN: ARMS AND OIL” (英語). ヒューマン・ライツ・ウォッチ. 2018年6月26日閲覧。
  3. ^ David H. Shinn、 Joshua Eisenman『China and Africa: A Century of Engagement』251p
  4. ^ Arms Transfers Database”. ストックホルム国際平和研究所. 2018年6月27日閲覧。
  5. ^ https://www.isaarchitecture.com/En/work_detail.aspx?Unid=193&subClass=6
  6. ^ Reply to Chief Sudanese Negotiators
  7. ^ Libya - Government
  8. ^ Emizet Francois Kisangani、 Scott F. Bobb『Historical Dictionary of the Democratic Republic of the Congo』494頁
  9. ^ The Times, 25th of February 1977: Sudan Expetected to Join Egypt, Syria in Command
  10. ^ The Bryan Times 22nd of March 1977: Red Sea Pact
  11. ^ Munzinger-Archiv /IH-Zeitarchiv, Sudan 42/84, Zeitgeschichte

外部リンク[編集]

公職
先代:
イスマイル・アシャリ
スーダンの旗 スーダン共和国大統領
(1971年まで革命評議会議長)
第3・5代:1969年 - 1985年
次代:
スワル・アル・ダハブ
先代:
バービキル・アワダッラー英語版
ラシード・バクル英語版
スーダンの旗 スーダン民主共和国首相
第9代:1969年 - 1976年
第11代:1977年 - 1985年
次代:
ラシード・バクル英語版
アル=ジャズーリー・ダファアッラー英語版
外交職
先代:
オマール・ボンゴ・オンディンバ
アフリカ統一機構議長
第17代:1978年 - 1979年
次代:
ウィリアム・R・トルバート