ザンビア・クワチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザンビア・クワチャ
Zambia P-54 O.jpg
100ザンビア・クワチャ紙幣
ISO 4217
コード
ZMW
ZMK until December 31, 2012
中央銀行 ザンビア銀行
 ウェブサイト www.boz.zm
公式
使用国・地域
ザンビアの旗 ザンビア
非公式使用
国・地域
ジンバブエの旗 ジンバブエ (used in the border areas between Zambia and Zimbabwe)
インフレ率 10.1%
 情報源 The World Factbook, 2015 est.
 指数 CPI
補助単位
1100 ングェー
通貨記号 K
硬貨
 広く流通 5, 10, 50 ングェー, 1 クワチャ
紙幣
 広く流通 2, 5, 10, 20, 50, 100 クワチャ
紙幣製造 G&D
Johan Enschede en Zonen
 ウェブサイト www.gi-de.com
www.joh-enschede.nl

ザンビア・クワチャ(Zambian kwacha)は ザンビアの通貨単位。1968年ザンビア・ポンドに代わって導入された(1ポンド=2クワチャ)。通貨コードはZMK。補助単位はングェー(ngwee)であり、1クワチャ=100ングェー。クワチャとは、ニャンジャ語およびベンバ語で「夜明け」を意味する。ングェーはニャンジャ語で「輝かしい」という意味である。

2003年にザンビアでは、アフリカで初のポリマー幣が発行された。2013年1月にデノミが実施され、従来の50ZMKは5ngweeになる。また、Ngweeの単位および1ZMKは硬貨になる。

紙幣のデザイン[編集]

当初の紙幣には、初代大統領ケネス・カウンダ大統領(在任 1964年-1991年)の肖像が用いられていたが(写真)、彼が選挙に敗れて下野した1991年以降は現在に至るまで、紙幣にいかなる人物の肖像も用いられていない。

旧札、新札に一貫して描かれているのは、ザンビアの国鳥サンショクウミワシと、独立の象徴であるチェーンブレーカー像である。

英語で金額が中央に印字されている表面には国鳥と、額面ごとに異なる樹木が印刷されており、裏面には額面ごとに異なる動物と名所・名物が描かれている。

額面 動物 名所・名物 樹木
20 クーズー (?建物) (?)
50 シマウマ メッキ工場? (?)
100 アフリカスイギュウ ヴィクトリアの滝 (?)
500 アフリカゾウ (?) バオバブ
1,000 ツチブタ (?) (?作物)
5,000 ライオン (?) キャッサバ
10,000 ヤマアラシ (?) ポーキュパイン
20,000 クロリーチュエ (カッパーベルトの鉱山) (Mukwa tree)
50,000 ヒョウ Bank of Zambia (Fig tree)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]