バオバブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バオバブ属
Baobob tree.jpg
アフリカバオバブA. digitata
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: アオイ目 Malvales
: アオイ科 Malvaceae
: バオバブ属 Adansonia
英名
Baobab
芽吹いたバオバブの群れ。セネガル
アフリカバオバブの花
アフリカバオバブの実
ジンバブエで採取された実の内部

バオバブ(英名:Baobab、学名:Adansonia)はアオイ目アオイ科クロンキスト体系新エングラー体系ではパンヤ科バオバブ属の総称のこと。

「バオバブ」の名は、16世紀に北アフリカを旅したイタリア人植物学者が「バ・オバブ」と著書に記したのが始まり。もとはアラビア語のブー・フブーブ(種がたくさんあるもの)から来ているという説がある。

学名は A. digitata を報告した仏人自然学者ミシェル・アダンソン(Michel Adanson)の名に由来する。原生種がマダガスカルに6種、オーストラリアに1-2種、アフリカ大陸に2種が存在する。

アフリカの諸言語ではそれぞれ呼称が異なり、ズールー語では「ウムコーモ」、ハウサ語では「クーカ」(Kuka)、スワヒリ語では「ムブユ」(mbuyu)、フルベ語では「ボッキ」、バンバラ語では「シラー」、モシ語では「トゥエガ」などと呼ばれる[1]

特徴[編集]

サバンナ地帯に多く分布する。幹は徳利のような形をしており、高さは約30メートル、直径は約10メートルに及ぶ。最大のものは南アフリカリンポポにあり、高さ47m、直径15mである。年輪が無いため樹齢を知ることは難しいが、数千年に達すると言われ、放射年代測定は可能である。中は空洞になることが多い。葉は幹の上部につき、乾季落葉する。は白色で大きい。果実はヘチマのように垂れ下がり、堅い。果肉は食用・調味料とされ、セネガルでは「サルのパン」と呼ばれる。ビタミンCがオレンジより多く、カルシウムも牛乳より多いと言われる。さらに種子からは油が採集できる。また、若葉を野菜として利用する。樹皮は煎じて解熱剤に用いられるほか、細かく裂いて編めば強靭なロープを作ることができる[2]

オーストラリアの先住民族アボリジニの間ではブッシュ・タッカーとして古くから消費されていた。

サン・テグジュペリの『星の王子さま』では、放置するとを破壊する有害な巨木として描かれており、見つけ次第抜かれてしまうことになっているが、実際には上記のとおりアフリカ諸国では食用などさまざまに活用され、親しまれている。浜名湖花博において日本では初めて屋外で開花した。

大木には10トンもの水分を幹にたくわえており[1]、乾季になると葉を落とし休眠する。休眠中はその水分で生きのびる。

観葉植物にもなり、盆栽型に仕立てることもできる。

その姿は言い伝えによるとまるで悪魔が巨木を引き抜いて逆さまに突っ込んだようだといわれている。

[編集]

マダガスカルに6種と1変種、アフリカ大陸に2種、オーストラリアに少なくとも1種が生育する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『世界遺産 最後の巨樹』 講談社2002年 
  2. ^ 『黒い光と影 : 未来大陸アフリカ』 毎日新聞社1978年5月、118頁。 
  3. ^ a b 冨山 (2003:166).
  4. ^ 米倉・梶田 (2003-).
  5. ^ a b 冨山 (2003:246).
  6. ^ a b バオバブ:マダガスカル島の固有植物. (マダガスカルツアーサービス). 2018年8月8日閲覧。
  7. ^ IUCN (2014:259).
  8. ^ World Conservation Monitoring Centre (1998c).
  9. ^ IUCN (2014:110).
  10. ^ 冨山 (2003:247).
  11. ^ Ravaomanalina & Razafimanahaka (2016).
  12. ^ Appendices. (CITES). 2018年8月8日閲覧。
  13. ^ The CITES Appendices. (CITES). 2018年8月8日閲覧。
  14. ^ a b Hassler (2018).
  15. ^ World Conservation Monitoring Centre (1998a).
  16. ^ a b マダガスカルのバオバブは絶滅寸前~日経サイエンス2013年12月号より. (日経サイエンス). 2018年8月8日閲覧。
  17. ^ World Conservation Monitoring Centre (1998b).
  18. ^ World Conservation Monitoring Centre (2017).
  19. ^ World Conservation Monitoring Centre (1998d).

参考文献[編集]

英語:

日本語:

  • IUCN(国際自然保護連合)編、岩槻邦男・太田英利 訳『IUCNレッドリスト 世界の絶滅危惧生物図鑑』丸善出版、2014年。978-4-621-08764-0
  • 冨山稔『世界のワイルドフラワーI 地中海ヨーロッパ/アフリカ;マダガスカル編』学習研究社、2003年。ISBN 4-05-201912-1
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-).「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info (2018年8月7日).

外部リンク[編集]