日経サイエンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日経サイエンス(にっけいサイエンス)は、自然科学分野の論文を主に掲載する非専門家向けの雑誌1971年2月創刊。創刊時の誌名は「サイエンス」。1845年8月28日に創刊された米国の科学雑誌サイエンティフィック・アメリカン(Scientific American)の日本版である。

概要[編集]

Scientific American誌からの翻訳が約9割を占め、残りが日経サイエンス独自の記事となっている。Scientific American誌に掲載されたすべての記事が翻訳されるわけではない。雑誌内の記事の重み付けは特集中心ではない。10から20ページ程度の記事を5から7本程度、毎号掲載する。記事の分野は一冊の雑誌の中でそれぞれ関連がなく、例えば2006年2月号では物理学生命の起源情報科学地球科学薬学地学神経科学というように、バラバラである。これ以外に科学ニュースを毎号10ページ程度掲載し、常設コラムとして10本前後の連載欄を設けている。1981年まで掲載されていたマーティン・ガードナーの「数学ゲーム」が連載の一例である。日本版独自の内容としては、一般向け科学書の書評や対談などが掲載されている。

取り扱うテーマは自然科学のうち、物理学天文学地球科学生物学医学情報科学などで、一部の社会科学軍事技術などを含む幅広い分野に渡る。ただし、化学数学に関する記事は少ない。特定の学問分野のごく初期から寄与した研究者科学者による投稿原稿が中心となっている。対象読者や誌面構成はNatureScienceなどのように研究者向けではなく、科学ファンに向けた作りである。

版形はA4変形版、全ページ4色印刷。総ページ数は146から172ページ、そのうち編集ページ数は約110ページ。ISSN 0917-009X。発行元は日経サイエンス社、発売元は日本経済新聞社。日経サイエンス社は日本経済新聞社と米Scientific American社(本社ニューヨーク)の2社等分出資の会社である。

なお、現在の表紙の緑色を基調としたデザインになったのは2009年5月号からで、このようなスタイルになったのは割合最近のことである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]