ピエール・ブヨヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール・ブヨヤ
Pierre Buyoya
Pierre Buyoya at Chatham House 2013 crop.jpg

任期 1996年7月25日2003年4月30日

ブルンジの旗 ブルンジ
第3代 大統領
任期 1987年9月9日1993年7月10日

ブルンジの旗 ブルンジ
初代 国民救済軍事委員会議長
任期 1987年9月3日 – 1987年9月9日

出生 (1949-11-24) 1949年11月24日
ブルンジの旗 ブルンジブルニ県ルトブ
死去 (2020-12-17) 2020年12月17日(71歳没)
フランスの旗 フランスパリ
政党 民族進歩連合

ピエール・ブヨヤ英語: Pierre Buyoya1949年11月24日 - 2020年12月17日)は、ブルンジ政治家軍人

大統領(第3・7代)、国民救済軍事委員会議長を務めた。

概要[編集]

ブルニ県ルトブ出身。所属政党はツチの最大政党民族進歩連合 (UPRONA)。ベルギー軍士官学校、王立軍学校を卒業。フランス西ドイツに軍事留学の経験あり。

少佐時代の1987年、ツチの寡頭による独裁体制を敷いていたジャン=バティスト・バガザ大統領をクーデターで追放し、自ら大統領に就任。同国の初のフツを多数とする内閣を成立させるなどフツ・ツチ両民族の融和に努め、複数政党制を認めた新憲法の採択など民主化にも尽力したが、ツチ強硬派はこれに反発し、2万人ともいわれるフツを虐殺した。ブヨヤは調停委員会を設置したが、両民族の対立は続いた。

1993年6月、同国初の民主選挙でフツでブルンジ民主戦線党員のメルシオル・ンダダイエが当選し、ブヨヤは引退。しかしその後の政変で国内が再び内戦状態に陥ると、1996年7月26日に再びクーデターでブヨヤは政権を握り、混乱を収拾できなかったシルベストル・ンティバントゥンガニャ大統領を失脚させ、暫定大統領に就任した。内戦の激しさは収まったものの、依然として混乱は継続した。1998年6月、ブヨヤは正式大統領となった。

2000年タンザニアアルーシャでブルンジ政府、ツチ、フツの各勢力が和平協定に調印し、内戦終結を目指す暫定政府が2001年11月1日、3年の期限で発足。ブヨヤ大統領とドミシアン・ンダイゼイエ(副大統領、フツ)が1年半ずつの任期で大統領を務めることが決定した。1年半の任期を終えたブヨヤは2003年4月30日、大統領職をンダイゼイエに譲り渡した。

その後、アフリカ連合マリ共和国サヘルの特別大使を務めた。辞任の数週間後、2020年12月16日にマリ共和国の首都バマコにて入院。フランスの首都パリに移送され、翌12月17日に新型コロナウイルス感染症のため死去した。満71歳没[1][2]

出典[編集]


関連項目[編集]

先代:
ジャン=バティスト・バガザ
ンティバントゥンガニャ
ブルンジの旗 大統領
第3代: 1987 - 1993
第7代: 1996 - 2003
次代:
メルシオル・ンダダイエ
ドミシアン・ンダイゼイエ
先代:
発足
ブルンジの旗 国民救済軍事委員会議長
初代: 1987
次代:
廃止