東浅川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東浅川駅
戦前の旧東浅川駅
戦前の旧東浅川駅
ひがしあさかわ
Higashi-Asakawa
西八王子 (2.2km)
(1.1km) 浅川
所在地 東京都八王子市
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 中央本線
キロ程 52.0km(東京起点)
開業年月日 1927年昭和2年)2月7日
廃止年月日 1960年(昭和35年)9月10日
備考 皇室専用駅
テンプレートを表示

東浅川駅(ひがしあさかわえき)とは東京都八王子市にあった日本国有鉄道中央本線。正式には東浅川仮停車場(-かりていしゃじょう)と称した。

大正天皇の葬儀にあたり、浅川駅(現・高尾駅)より東1.1キロに造られた皇室専用の駅である。近年では周辺の宅地化の進展により、同駅跡地に一般旅客駅の新設の要望が地元から出ている。

駅舎[編集]

東浅川駅跡(2018年(平成30年)10月28日撮影)

社殿造の駅舎があった。駅の廃止後は八王子市の所有となり「陵南会館」という集会施設になったが、1990年平成2年)10月過激派による爆弾テロ(八王子市陵南会館爆破事件)により焼失した。現在は線路を跨ぐ歩道橋を介して、南西側にある教育施設・東浅川保健福祉センターの第二駐車場として使用されている。かつて新宿御苑仮停車場の駅舎だった、高尾駅の社寺風デザインの北口駅舎が、同駅の橋上駅舎化工事に伴って、当敷地内に移築保存される予定となっている[1]。ただし移築位置などの詳細は未定であり、旅客駅新設要望への影響なども定かではない。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
中央本線
西八王子駅 - 東浅川駅 - 浅川駅

上記は廃止当時の隣の駅である。当駅の開業当初は西八王子駅は未設置であったが1939年(昭和14年)に設置された。また浅川駅はこの駅の廃止された翌年に高尾駅に改称した。

脚注[編集]

  1. ^ 高尾駅舎 東浅川へ 八王子市有地、大正天皇ゆかりの地」毎日新聞 ウェブページ・キャプチャーより 2015年6月23日

関連項目[編集]