シルヴィア (スウェーデン王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シルヴィア
Drottning Silvia
National Day of Sweden 2016 69.jpg
シルヴィア王妃(2016年)
称号 スウェーデン王妃
全名 Silvia Renate
シルヴィア・レナーテ
出生 (1943-12-23) 1943年12月23日(73歳)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国ハイデルベルク
配偶者 カール16世グスタフ
子女 ヴィクトリア
カール・フィリップ
マデレーン
父親 ヴァルター・ゾマラート
母親 アリセ・ソアレス
テンプレートを表示
スウェーデン王室
Great coat of arms of Sweden.svg

カール16世グスタフ
シルヴィア王妃


シルヴィアスウェーデン語: Drottning Silvia, 1943年12月23日 - )は、スウェーデン国王カール16世グスタフ王妃。結婚前の姓名はジルフィア・レナーテ・ゾマラートドイツ語: Silvia Renate Sommerlath)。

経歴[編集]

ハイデルベルクドイツ人ビジネスマンのヴァルター・ゾマラートとブラジル人アリセ・ソアレスの第4子として生まれる。3人の兄たちがいる。1947年から10年間、母の故郷サンパウロで育つ。

1972年ミュンヘン・オリンピックでグスタフ国王担当のコンパニオンをつとめたのがきっかけで知り合い、1976年6月18日結婚した。結婚式前夜にはABBAが記念として「ダンシング・クイーン」を歌った。

国王との間に、ヴィクトリアカール・フィリップマデレーンの一男二女をもうける。初めはドイツ人ということでスウェーデン国民の間に拒否反応もあったが、率直で明るい人柄で人気を高めた。

スウェーデン語ドイツ語フランス語スペイン語ポルトガル語英語が流暢に話せる。また、手話も会得している。

非常にチャリティー活動に熱心で、スウェーデン国内で数多くのろう文化支援を含む福祉団体の後援をし活動している(手話の会得もそのため)。1999年世界子供基金を設立。少女時代にサンパウロのスラムを見た経験から、児童福祉、特に児童ポルノ禁止の熱心な活動家である。実際にポルノビデオまで観たといい、「あんな吐き気のするものを観たのは初めて、許せない」と発言した。他に母アリセが認知症を発症した経験から認知症の老人施設支援を、夫カール・グスタフ国王がディスレクシアだったことからディスレクシアの障害者支援をそれぞれ行っているが、「夫には私の助けはいらないわ。自分でなんでもするから」と言っている。

父ヴァルターを巡って[編集]

婚約当時から、父ヴァルターが戦時中にナチス党員であったことが一部のユダヤ系の人々に問題視された。彼は自分の過去について公式に発言することなく1990年に死去している。スウェーデン王室報道官は、「ヴァルター氏は王室の一員ではないので、ノーコメントです」と問題に関係しない姿勢をとった。

外部リンク[編集]