第2戦車連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第2戦車連隊
創設 1995年(平成7年)3月28日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 機甲科
所在地 北海道 空知郡上富良野町
編成地 上富良野
上級単位 第2師団
担当地域 道北
テンプレートを表示

第2戦車連隊(だいにせんしゃれんたい、JGSDF 2nd Tank Regiment)は、北海道空知郡上富良野町上富良野駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第2師団隷下の機甲科連隊である。

部隊マークは、ローマ字の"Ⅱ"に稲妻にデザインされた中隊ナンバーを組み合わせている。本部管理中隊は、アルファベットの"S"を意匠化している。 陸上自衛隊において、第7師団機甲師団)に属する3個戦車連隊の他に置かれている戦車連隊としては本連隊が唯一のものである。

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)9月25日:名寄駐屯地において第2特車大隊が編成完結。
  • 1955年(昭和30年)9月9日:上富良野駐屯地へ移駐。
  • 1962年(昭和37年)1月18日:第2戦車大隊に称号変更(4個戦車中隊基幹)。
  • 1967年(昭和42年)6月17日:61式戦車が配備。
  • 1976年(昭和51年)8月21日:74式戦車が配備。
  • 1988年(昭和63年)3月25日:74式戦車が10両増備され、各中隊が3個小隊編成から4個小隊編成に改編。
  • 1991年(平成03年)3月29日:戦車北転事業により、方面隊直轄の独立戦車中隊として第316戦車中隊が上富良野に新編(方面直轄として新編後、部隊運用の関係上、第2戦車大隊隷属扱いで配置)[1]
  • 1995年(平成07年)3月28日:第2戦車大隊が廃止。第316戦車中隊を吸収し6個戦車中隊(増強する要員の一部に同年3月廃止の第9普通科連隊の一部人員を配置換)とし、第2戦車連隊として新編、新たに自衛隊旗が授与された。
  • 2000年(平成12年)3月28日:第6戦車中隊をコア化。教育中隊として運用。
  • 2002年(平成14年)9月26日:90式戦車が配備。
  • 2008年(平成20年)3月26日:後方支援体制変換に伴い、整備部門を第2後方支援連隊第2整備大隊へ移管。
  • 2013年(平成25年)11月22日:第4戦車中隊に10式戦車が配備。
  • 2014年(平成26年)3月26日:北部方面混成団の改編に伴い第6戦車中隊(コア部隊)を廃止。第4戦車中隊以外は、90式戦車74式戦車混合運用となる。

部隊編成[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第2戦車連隊長 1等陸佐 黒木正富 2017年03月23日 陸上幕僚監部人事部厚生課厚生班長
歴代の第2戦車大隊長
(2等陸佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 塩田鹿三 1954年09月25日 - 1956年01月26日
02 瀬能醇一 1956年01月27日 - 1958年08月31日
03 木村元岳 1958年09月01日 - 1959年03月30日
04 山崎重武 1959年03月31日 - 1962年07月31日 陸上自衛隊富士学校勤務
05 薗崇久 1962年08月01日 - 1965年07月15日 第2戦車大隊副大隊長 第13師団司令部監察官
06 菊池一夫
(3等陸佐)
1965年07月16日 - 1968年03月15日 第2戦車大隊勤務
→1966年7月1日 2等陸佐昇任
陸上自衛隊富士学校勤務
07 本村初義 1968年03月16日 - 1970年03月15日 第8師団司令部勤務 第8師団司令部第1部長
08 荒井和彦 1970年03月16日 - 1972年07月16日 陸上自衛隊幹部候補生学校勤務 陸上自衛隊富士学校勤務
09 越智信夫 1972年07月17日 - 1974年07月15日 陸上自衛隊富士学校付 第2師団司令部第1部長
10 斉藤正昭 1974年07月16日 - 1976年08月08日 旭川駐屯地業務隊勤務 第5師団司令部監察官
11 冨澤暉 1976年08月09日 - 1978年08月02日 陸上幕僚監部第1部勤務 陸上幕僚監部付
12 天野亮介 1978年08月03日 - 1981年03月15日 帯広駐屯地業務隊勤務 陸上自衛隊富士学校勤務
13 遠藤十二郎 1981年03月16日 - 1983年03月15日 陸上自衛隊富士学校勤務 陸上自衛隊富士学校勤務
14 久保善昭 1983年03月16日 - 1985年03月15日 陸上幕僚監部装備部装備計画課勤務
→1984年7月1日 1等陸佐昇任
第11師団司令部第3部長
15 岩猿進 1985年03月16日 - 1987年07月31日 陸上幕僚監部人事部補任課勤務
→1987年7月1日 1等陸佐昇任
陸上幕僚監部付
16 木元寛明 1987年08月01日 - 1989年07月31日 陸上幕僚監部教育訓練部教育課勤務
→1989年7月1日 1等陸佐昇任
上富良野駐屯地業務隊付
17 河村治敎 1989年08月01日 - 1991年07月31日 陸上自衛隊富士学校勤務 陸上自衛隊富士学校勤務
18 佐藤法夫 1991年08月01日 - 1993年08月03日 陸上幕僚監部教育訓練部訓練課
木本隆文 1993年08月04日 - 1995年03月27日 陸上自衛隊富士学校勤務 陸上自衛隊富士学校勤務
歴代の第2戦車連隊長
(1等陸佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 坂元順一 1995年03月28日 - 1997年06月30日 北部方面総監部防衛部訓練課長 東北方面総監部人事部長
02 岩丸勇 1997年07月01日 - 1999年07月30日 西部方面総監部防衛部訓練課長 自衛隊長野地方連絡部
03 荒川龍一郎 1999年08月01日 - 2001年01月10日 陸上幕僚監部人事部補任課
人事第1班長
陸上幕僚監部防衛部運用課長
04 久納雄二 2001年01月11日 - 2002年07月31日 陸上幕僚監部装備部装備計画課
後方計画班長
統合幕僚会議事務局第3幕僚室
教育訓練調整官
05 塩崎敏譽 2002年08月01日 - 2004年08月29日 陸上幕僚監部装備部装備計画課
後方計画班長
東北方面総監部防衛部長
06 島内哲哉 2004年08月30日 - 2006年08月03日 統合幕僚会議事務局第5幕僚室
長期班長
北部方面後方支援隊副隊長
07 渡部誠司 2006年08月04日 - 2008年03月31日 西部方面総監部防衛部防衛課長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
08 滝澤博文 2008年04月01日 - 2009年12月14日 中央即応集団司令部幕僚副長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
09 小和瀬一 2009年12月15日 - 2011年04月26日 陸上幕僚監部人事部人事計画課
企画班長
陸上幕僚監部監理部総務課
庶務室長
10 森茂也 2011年04月27日 - 2012年07月31日 第7師団司令部第3部長 陸上自衛隊富士学校機甲科部
教育課長
11 荒井正芳 2012年08月01日 - 2013年11月17日 統合幕僚監部運用部運用第1課
防衛警備班長
陸上幕僚監部防衛部付
12 田中一要 2013年11月18日 - 2015年07月31日 陸上自衛隊研究本部研究員 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
13 河野淳司 2015年08月01日 - 2017年03月22日 第7師団司令部第3部長 第13旅団司令部幕僚長
14 黒木正富 2017年03月23日 - 陸上幕僚監部人事教育部厚生課
厚生班長

主要装備[編集]

出典[編集]

  • PANZER臨時増刊 ウォーマシンレポート50 陸上自衛隊の戦車部隊 その歴史と現状 アルゴノート社 2016
  • 陸上自衛隊機甲科全史 菊池征男著 イカロス出版 2017

防衛省人事発令”. 2015年8月1日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ 316戦車中隊の隷属理由としては1個中隊では補給・整備面等での運用に支障が生じるため、有事以外では同一駐屯地に所在する戦車大隊等に隷属することにより部隊機能を維持していた(現在は直接支援隊等が新編されており、整備面等での支障は解消しつつある)。有事では配置される部隊(当時は増援予定の本州所在普通科連隊等に配置される計画があった)及び配置予定に隷属する整備部隊で支援を受ける計画であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]