陸上自衛隊少年工科学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陸上自衛隊少年工科学校(りくじょうじえいたいしょうねんこうかがっこう、JGSDF Youth Technical School:YTS)は、陸上自衛隊武山駐屯地内に所在していた防衛大臣直轄部隊の一つ。2010年(平成22年)3月26日陸上自衛隊高等工科学校に改編された。

校風・校旗・制服[編集]

  • 校風:明朗闊達・質実剛健・科学精神
  • 校旗:赤地(情熱)に銀色の鳩(平和)と月桂樹、左右に桜花(陸曹候補者としての地位や誇り)※校旗制定時は時節柄、赤色を使うことに陸上幕僚監部から懸念の声もあった。
  • 制服:一般の隊員と同じく91式制服を支給されるが、ネクタイは一般隊員とは異なり、えんじ色のネクタイが支給される。また、陸曹候補者き章(甲)(通称:桜花章)を両襟に着用する。91式制服制定前は、ネクタイの他制服自体も「生徒用」があり、肩章、袖口、制帽等に赤いラインが入っていた。

概要[編集]

中学校を卒業し、採用試験を経て陸上自衛隊生徒に任命された者が少年工科学校に入校する。少年工科学校は防衛大臣直轄部隊であり、文部科学省の管轄外の学校であるため、高等学校卒業資格を得るために神奈川県立横浜修悠館高等学校(以前は神奈川県立湘南高等学校)と提携している。少年工科学校では陸上自衛隊生徒課程の前期教育のみが行われ、順次3等陸士から2等陸士、1等陸士に昇任する。陸上自衛隊生徒は防衛大学校学生(防衛省職員)と異なり自衛官であり、それぞれの階級に任命されている。少年工科学校での前期教育が終了すると、中期教育として各職種毎に職種学校に入校(中期校)、一般部隊(通常は配属予定部隊)において後期教育が行われ4年間の教育終了時に3等陸曹に任官する。なお、少数ではあるが推薦・一般入試により防衛大学校に進学する者もいる(この場合は一度退職する)。少年工科学校はその特異性から陸上自衛隊の中でも独特の気風を築いており、卒業生は各部隊で中核の戦力となって活躍している。

採用試験[編集]

採用倍率はかつて20倍を超え難関であったが、昭和末期時点までには約10倍前後に落ち着いてきた。昭和期(特に生徒制度創設期)には、給与が支払われ衣食住が保障されるなどの自衛官としての待遇にひかれて入校し、親に仕送りをする生徒もみられた(折口雅博はその典型である)。しかし、平成期に入ると志願理由の大半は自衛隊の活躍(PKO災害派遣など)に影響されて、職業として自衛官を志願した者となった。毎月、15万円前後の俸給が支払われる(学年ごとに金額は異なる)。

沿革[編集]

  • 1955年(昭和30年):施設学校通信学校武器学校の各生徒教育隊にて生徒教育開始
  • 1959年(昭和34年):施設・通信・武器生徒教育隊を武山駐屯地に集約、「生徒教育隊」として前期教育を一元管理
  • 1961年(昭和36年):神奈川県立湘南高等学校との提携開始
  • 1963年(昭和38年):生徒教育隊を少年工科学校に改編
  • 1990年(平成2年):駐屯地司令職務を第1教育団から承継
  • 2008年(平成20年)4月1日:神奈川県立湘南高等学校と神奈川県立横浜平沼高等学校の通信制課程の統合に伴い提携校を神奈川県立横浜修悠館高等学校に変更
  • 2010年(平成22年)3月26日:2009年(平成21年)5月27日に成立した「防衛省設置法の一部を改正する法律」に基づき、陸上自衛隊高等工科学校に改編。生徒の身分は自衛官から防衛大学校の学生並びとなり、俸給制から学生手当(固定給)に変更される。

廃止時の組織編制[編集]

  • 企画室
  • 総務部
  • 第1教育部(専門基礎学担当)
  • 第2教育部(一般基礎学担当)
  • 生徒隊
歴代の生徒教育隊長及び少年工科学校長(第16代以降の校長は武山駐屯地司令を兼補)
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
生徒教育隊長(特記ない限り1等陸佐
1 出口敦 1959.8 - 1961.8.1 陸士  
2 田口秀男 1961.8.2 - 1963.3.15 陸士 陸将補
3 畦地清春 1963.3.16 - 1963.8.14   少年工科学校長
少年工科学校長(特記ない限り陸将補)
1 畦地清春 1963.8.15 - 1966.3.15 陸士45期・
陸大53期
生徒教育隊長 着任時1等陸佐
2 高木成助 1966.3.16 - 1968.7.31 陸士  
3 中山市郎 1968.8.1 - 1970.3.15 陸士48期・
陸大56期
 
4 森秀明 1970.3.16 - 1971.6.30 陸士  
5 井出洋 1971.7.1 - 1973.6.30 陸士52期・
陸大59期
  第7師団長 在任中に陸将
6 庭屋陽之助 1973.7.1 - 1976.3.15 陸士    
7 蔵田十紀二 1976.3.16 - 1977.3.15 陸士56期   陸上幕僚監部第5部長
8 蔀哲郎 1977.3.16 - 1979.3.15 陸士57期    
9 米正七 1979.3.16 - 1981.3 陸士60期    
10 小倉真 1981.3 - 1982.7 陸士61期    
11 大河内眞一郎 1982.8 - 1984.6.30 山梨大学 第12師団司令部幕僚長 第1師団長
12 牧田光雄 1984.7.1 - 1986.3 法政大学    
13 梅山富弘 1986.3 - 1987.7 和歌山大学 会計監査隊 富士学校副校長
14 村田純一 1987.7 - 1989.3.15 防大2期 第1高射特科団長 第1混成団
15 荒武良弘 1989.3.16 - 1990.3.15 防大1期 第4師団副師団長 陸上幕僚監部付
→1990.4.1退職
16 菊地勝夫 1990.3.15 - 1992.6.16 防大4期 沖縄地方連絡部長 陸上幕僚監部付
→1992.6.30退職
17 田中大三 1992.6.16 - 1995.3.23 防大7期 第7師団副師団長 第10師団司令部付
→1995.4.1退職
18 溝内好昭 1995.3.23 - 1997.12.7 防大7期 第4師団副師団長 退職
19 臨光昭憲 1997.12.8 - 1999.3.29 防大9期 第1師団副師団長
20 佐々木達士 1999.3.29 - 2000.6.30 防大11期 第2師団副師団長
21 濱田豊克 2000.6.30 - 2002.3.22 防大12期 第7師団副師団長
22 武田正德 2002.3.22 - 2005.1.11 法政大学
昭和49年卒
第1高射特科団 陸上自衛隊高射学校
23 別所利通 2005.1.12 - 2007.7.2 防大17期 第9師団副師団長 退職
山形克己 2007.7.3 - 2010.3.25 生徒15期・
防大20期
航空学校副校長 高等工科学校長

クラブ活動[編集]

生徒は、必ず体育クラブに所属しなければならない。なお、平成19年度までは文化系クラブも必修であったが、平成20年度からは1学年時のみとなった。少年工科学校におけるクラブ活動には、防衛大学校と異なり退部という概念はない。 吹奏楽部は防衛大学校のそれと同様、体育クラブの扱いを受けている。(理由は防衛大学校<校友会(クラブ活動)>の項を参照のこと) 体育クラブ活動は非常に活発であり、生徒出身者で世界で活躍する人間も多い[1]。他にも剣道部は全国定通制大会20連覇を達成した[2]

その他、特徴のあるクラブは以下のとおりである。

その他[編集]

  • 卒業生の同窓会は桜友会[3]と呼ばれ、卒業と同時に自動的に会員となる。各駐屯地・部隊に支部があり、卒業後の結束も非常に固い。
  • 少年期から専門的な軍事教育を施し、卒業後は下士官に任官し職業軍人となり、また多くの出身者が少尉候補者制度を通し将校を目指すなど共通点が多いことから、本校や教育制度が旧帝国陸軍における陸軍少年飛行兵学校陸軍少年戦車兵学校陸軍少年通信兵学校陸軍少年飛行兵・陸軍少年戦車兵・陸軍少年通信兵)といった陸軍少年兵に相当する。
  • 本校に勤務する陸上自衛官・生徒は防衛大臣(防衛庁長官)直轄部隊等の部隊章を着用していた。隊種標識の色は藍色、隊号標識はYTSであった。

脚注[編集]

  1. ^ カヌー部・レスリング部において顕著にみられる
  2. ^ 2011年現在も22連覇と継続中
  3. ^ 自衛隊員の相互扶助を目的とした隊友会公益社団法人)及び陸上自衛隊の幹部・陸曹の相互扶助を目的とした『修親』・『曹友』と異なり、少工校(現高工校)卒業者(生徒出身者)の相互扶助を目的とした組織。なお、学習院の同窓会である一般社団法人学習院桜友会との関連性は一切ない

関連項目[編集]