第12普通科連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第12普通科連隊
創設 1954年(昭和29年)7月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 普通科
所在地 鹿児島県 霧島市
編成地 国分
上級単位 第8師団
担当地域 鹿児島県・南九州
テンプレートを表示

第12普通科連隊(だいじゅうにふつうかれんたい、JGSDF 12th Infantry Regiment)は、鹿児島県霧島市国分駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第8師団隷下の普通科連隊である。管区内には多数の離島、および活火山を有することから、73式装甲車が配備され[1]2006年度は1個中隊を米国海兵隊に派遣、離島潜入や奪還の訓練を実施している。警備区域は薩摩川内市を除く鹿児島県全域(離島を含む)。

沿革[編集]

  • 1950年(昭和25年)12月:警察予備隊が鹿屋に駐屯(鹿屋部隊)[2]
  • 1951年(昭和26年) 5月 1日:鹿屋部隊を母体に警察予備隊第4管区隊第12連隊が編成。第3大隊は熊本駐屯地に配置[3]
  • 1954年(昭和29年) 7月 1日:陸上自衛隊発足により、第12普通科連隊に改称。
  • 1955年(昭和30年)11月21日:国分駐屯地に移駐。
    • 12月1日:南九州を担当とする第8混成団の編成に伴い、同団隷下に編入。
  • 1962年(昭和37年) 1月18日:第8混成団の師団改編に伴う再編。
  • 2005年(平成17年) 3月28日:後方支援体制変換に伴い、整備部門を第8後方支援連隊第2整備大隊へ移管。
  • 2018年(平成30年) 3月27日:対戦車中隊を廃止

部隊編成[編集]

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 第1普通科中隊 - 73式装甲車
  • 第2普通科中隊
  • 第3普通科中隊 - 軽装甲機動車
  • 第4普通科中隊 - 軽装甲機動車
  • 重迫撃砲中隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第12普通科連隊長
兼 国分駐屯地司令
1等陸佐 渡辺亘紀 2018年3月27日 北部方面総監部防衛部訓練課長
歴代の第12普通科連隊長
(1等陸佐・国分駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
畦地清春 1954年07月01日 - 1955年03月15日 陸上自衛隊富士学校普通科部教育課長
島貫重節 1955年03月16日 - 1956年08月15日 陸上幕僚監部勤務 陸上幕僚監部所属
統合幕僚会議事務局派遣勤務
益田兼利 1956年08月16日 - 1958年07月31日 陸上幕僚監部勤務 陸上幕僚監部第3部防衛班長
小林忠男 1958年08月01日 - 1960年05月31日 自衛隊山口地方連絡部 第12普通科連隊付
穂村春利 1960年06月01日 - 1962年03月15日 第3教育団本部訓練科長 第4管区総監部幕僚長
木下西舟 1962年03月16日 - 1963年12月11日 陸上自衛隊幹部候補生学校学生隊長 第4師団司令部付
太田貞保 1964年03月16日 - 1966年07月15日 陸上自衛隊業務学校人事教育課長 東部方面総監部
岡元功 1966年07月16日 - 1969年03月16日 陸上自衛隊富士学校
機甲科教育部副部長
兼 教務課長
福岡駐とん地業務隊
志垣大吉 1969年03月17日 - 1970年07月15日 陸上自衛隊富士学校勤務 陸上自衛隊幹部学校学校教官
楠木宏 1970年07月16日 - 1972年07月16日 真駒内駐とん地業務隊長 陸上自衛隊少年工科学校生徒隊長
時任純一郎 1972年07月17日 - 1974年07月15日 西部方面総監部業務室長 西部方面総監部監察官
六反園敏男 1974年07月16日 - 1976年03月15日 防衛研修所所員 第2師団司令部幕僚長
南敏彌 1976年03月16日 - 1977年07月31日 陸上幕僚監部第2部保全班長 第13師団司令部幕僚長
山本英一 1977年08月01日 - 1979年03月15日 陸上自衛隊富士学校普通科部
教育課長
第1師団司令部幕僚長
橋口茂 1979年03月16日 - 1981年03月15日 陸上幕僚監部防衛部運用課
運用第2班長
防衛研修所所員
谷希夫 1981年03月16日 - 1983年03月15日 自衛隊京都地方連絡部募集課長 陸上幕僚監部人事部人事計画課
予備自衛官班長
林大八 1983年03月16日 - 1985年08月07日 陸上自衛隊少年工科学校
第1教育部長
陸上自衛隊調査学校研究員
渡邊信利 1985年08月08日 - 1987年07月06日 陸上幕僚監部人事部補任課
人事第1班長
東部方面総監部幕僚副長
陸将補昇任)
中島攻 1987年07月07日 - 1989年03月31日 陸上自衛隊化学学校研究員 陸上幕僚監部装備部武器・化学課
化学室長
奥村修一 1989年04月01日 - 1991年07月31日 西部方面総監部人事部人事課長 海田市駐屯地業務隊
橋本和夫 1991年08月01日 - 1993年11月30日 第12師団司令部第3部長 陸上幕僚監部防衛部研究課
分析室長
林直人 1993年12月01日 - 1995年06月29日 陸上幕僚監部人事部人事計画課
企画班長
陸上幕僚監部防衛部運用課長
岩崎康夫 1995年06月30日 - 1998年06月30日 陸上幕僚監部防衛部研究課
総括班勤務
自衛隊鳥取地方連絡部
沼沢満 1998年07月01日 - 2001年01月10日 陸上自衛隊富士学校主任教官 陸上自衛隊幹部候補生学校学生隊長
吉田明生 2001年01月11日 - 2002年12月01日 陸上幕僚監部防衛部運用課
予備自衛官運用室長
西部方面総監部防衛部長
川久保源映 2002年12月02日 - 2004年03月28日 陸上幕僚監部調査部調査課
調査運用室勤務
陸上幕僚監部調査部調査課
調査運用室長
保坂一彦 2004年03月29日 - 2006年03月26日 第1師団司令部第3部長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
高橋正州 2006年03月27日 - 2008年03月31日 第10師団司令部第3部長 防衛大学校訓練部訓練課長
岩村公史 2008年04月01日 - 2009年03月23日 陸上幕僚監部防衛部防衛課
編成班長
陸上幕僚監部防衛部防衛課
防衛調整官
前田忠男 2009年03月24日 - 2010年07月25日 統合幕僚監部運用部運用第1課
防衛警備班長
陸上幕僚監部装備部装備計画課長
堀井泰蔵 2010年07月26日 - 2012年01月30日 陸上幕僚監部装備部装備計画課
後方計画班長
陸上幕僚監部運用支援・情報部
運用支援課長
照沼敏 2012年01月31日 - 2014年03月25日 東部方面総監部防衛部訓練課長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
若松純也 2014年03月26日 - 2015年08月03日 陸上幕僚監部運用支援・情報部
運用支援課企画班長
陸上幕僚監部人事部募集・援護課長
根本正之 2015年08月04日 - 2018年03月26日 第12旅団司令部第3部長 陸上自衛隊教育訓練研究本部
主任訓練評価官
渡辺亘紀 2018年03月27日 - 北部方面総監部防衛部訓練課長

主要装備[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 柘植優介(月刊PANZER編集長) (2018年5月5日). “噴火時も出動、陸自75式ドーザのひみつ 「頑丈、速い、力持ち!」を実現する工夫とは”. 乗り物ニュース プレミアム. mediavague. 2018年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月5日閲覧。
  2. ^ 鹿屋市資料 基地のまち
  3. ^ 十八万十三個師団への道 檜六郎 株式会社ジャパンミリタリー・レビュー 軍事研究 1985年4月号 P152-165
  4. ^ 第43普通科連隊HP

出典[編集]

防衛省人事発令”. 2015年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]