冬季戦技教育隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
冬季戦技教育隊
創設 1971年(昭和46年)7月24日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 諸職種混成
兵種/任務/特性 雪中戦及び山岳戦に係る教育と研究
所在地 北海道 札幌市
編成地 真駒内
愛称 冬戦教
上級単位 北部方面混成団
テンプレートを表示

陸上自衛隊冬季戦技教育隊(りくじょうじえいたいとうきせんぎきょういくたい、JGSDF Cold Weather Combat Training Unit)は、北海道札幌市真駒内駐屯地に所在する北部方面混成団隷下[1]教育隊であり、日本唯一の冬季戦専門部隊である。陸上自衛隊特殊部隊としては最古の歴史を誇る。通称CWCTまたは冬戦教

部隊内の特別体育課程教育室からは、冬季オリンピックバイアスロンなどの競技で、毎回日本代表選手を送り込んでいる(平成27年度末に自衛隊体育学校隷下へ編成替[2])。

部隊の概要[編集]

冬季迷彩を着用し、89式小銃を構える隊員

冬季戦技教育隊は、前身ともいえる北部方面特別戦技訓練隊(通称:北方特戦隊。1961年に札幌駐屯地で創設、その後倶知安駐屯地を経て名寄駐屯地へ移動、1971年7月19日廃止)が元々あり、それが廃止された後の1971年7月24日に、北海道札幌市真駒内駐屯地で新編された。[3]主に冬季戦闘訓練の指導を行う戦闘戦技教育室、冬季戦闘時の部隊運用の研究を行う調査研究室、バイアスロンスキーの教育訓練を行う特別体育課程教育室からなっている。これらのうち、オリンピック特別強化選手らからなる特別体育課程教育室には、現在40人弱の男女隊員が所属しており、将来の自衛隊体育指導者としての教育訓練を積みつつ、冬季オリンピックでのメダル獲得を目指し日々訓練を重ねている。他にも全日本スキー連盟デモンストレーターの資格を持つ隊員が所属しており、スキー技術の指導にあたる指導者の技術の向上及び新しい技術の習得を狙いとして、毎年、全日本スキー技術選手権大会に参加している。部隊全体としても他の部隊に教育訓練等の指導を行いながら、「特殊部隊」としての練度維持のため過酷な訓練を行っている。高度なスキー技術を組み合わせた国内でも屈指の戦闘技術を誇る部隊である。2011年4月22日、北部方面混成団新編に伴う処置で北部方面直轄部隊から北部方面混成団隷下へと編成替えが行われた。

北海道は寒冷豪雪地域であり、かつて、ソビエト連邦と対峙する第一線であった。そのため、北方重視の戦略をとっていた陸上自衛隊は兵力・装備を集中させており、冬季の戦闘術の研究は必須であった。そのため、冬季戦技教育隊では、低視認性装備や隊員の体力低下・損害を防ぐ戦技の研究・開発に力を注いできた。それにより、雪中戦においては装備でも運用でもアメリカ陸軍をも凌ぐと言われている。アメリカ軍においても積雪寒冷地部隊の全員がスキー技術を習得していることはなく、自衛隊の雪中戦での戦闘能力の高さは世界でも屈指であると言われている。

近年においては新型スキー板の研究・開発に力を入れており、現在は従来型の2 m近い長さで直線型のスキー2型を改良した、全長が短く先端部と後部が広がった形状のカービングスキータイプのスキー3型を開発中である。これに合わせて伸縮可能な新型ストックや新型かんじき、新型白色外衣の開発も進められており、雪中での戦闘能力のさらなる向上が図られている。これらは従来型よりも厳しい環境下で効果的なものとなっており、新型かんじきは深雪や斜面にも対応する大型のものになっている。すでに一部の部隊では試験運用が始まっている。

かつては、対ソ連の特殊部隊的な側面が強く、レンジャー課程を優秀な成績で修了した屈強な隊員が各部隊から選抜されて所属し、さらに過酷な訓練を積むという超精鋭部隊であった。現在は、オリンピックの選手の養成機関という側面がクローズアップされがちだが、特殊部隊としての練度も維持しており、中央即応集団特殊作戦群)と活発に合同訓練を行っている。また警察庁職員、特に救助任務に従事する職員に対し訓練を実施しているため、各県警SAT(特殊急襲部隊)とも交流が持たれている。

その他にも原子力発電所警備訓練や自衛隊の装備するあらゆる個人用携帯火器の訓練、潜水訓練、強襲用ゴムボートによる渡河訓練等の夏季の訓練も頻繁に行われている。有事の際には隊員・装備等の編成を教育隊から特殊部隊へと編成換えするものとされているが、詳細は明らかにされていない。

アメリカ陸軍等に所属する積雪寒冷地専門部隊と戦闘技術サバイバル技術等の技術交流を積極的に行っており[4]、その技術・能力は高く評価されている。その他、東野圭吾の『夢はトリノをかけめぐる』においては特別体育課程教育室について取材が行われている。

実施されている教育[編集]

  • 冬季遊撃課程:平成21年度に従来の集合訓練から課程教育化された。
  • 上級スキー指導官養成/練成訓練
  • 初級幹部冬季戦技集合訓練
  • 警察レンジャー教育:東北方面隊と隔年で担当している)

冬季戦技教育隊でレンジャー教育を受けると、冬季遊撃レンジャーの資格が与えられる。これは通常のレンジャー教育と異なり、修了者には特別なレンジャー徽章が与えられる。

部隊編成[編集]

  • 隊本部
  • 戦闘戦技教育室
  • 調査研究室

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
陸上自衛隊冬季戦技教育隊長 2等陸佐 山口 尚 2017年08月01日 第14普通科連隊副連隊長
歴代の陸上自衛隊冬季戦技教育隊長
(1等陸佐かつレンジャー課程修了者)
氏名 在職期間 前職 後職
01 能登路達郎 1971年07月24日 - 1972年07月16日 北部方面総監部補給課長 陸上自衛隊需品補給処落下さん部長
02 長谷田晃 1972年07月17日 - 1974年03月15日 第28普通科連隊
函館駐屯地司令
兼 青函地区輸送連絡隊副隊長
北部方面総監部付
03 伊藤昇一 1974年03月16日 - 1977年03月15日
※1975年01月01日 1等陸佐昇任
陸上自衛隊冬季戦技教育隊副隊長
(2等陸佐)
北部方面総監部総務課勤務
04 寺本和之 1977年03月16日 - 1980年03月16日
※1978年04月01日 1等陸佐昇任
第3普通科連隊副連隊長
(2等陸佐)
陸上自衛隊北海道地区補給処
総務部長
05 笠松徹三 1980年03月17日 - 1982年03月15日
※1981年03月16日 1等陸佐昇任
北部方面総監部監察官付
(2等陸佐)
第26普通科連隊
留萌駐とん地司令
06 井上博司 1982年03月16日 - 1984年03月15日
※1982年07月01日 1等陸佐昇任
遠軽駐屯地業務隊長
(2等陸佐)
陸上自衛隊需品学校学校教官
07 竹家良輔 1984年03月16日 - 1987年03月15日
※1984年07月01日 1等陸佐昇任
第6戦車大隊
大和駐屯地司令
(2等陸佐)
第1機甲教育隊
08 藤巻功悦 1987年03月16日 - 1988年07月31日
※1987年08月01日 1等陸佐昇任
真駒内駐屯地業務隊長
(2等陸佐)
北部方面総監部勤務
09 鎌田正樹 1988年08月01日 - 1991年07月31日 北部方面総監部総務部勤務 北部方面総監部勤務
10 野村武昌 1991年08月01日 - 1993年07月31日 第11師団司令部監察官 北部方面総監部勤務
11 乗安充和 1993年08月01日 - 1994年07月31日 第2師団司令部監察官 陸上自衛隊業務学校学校教官
12 神田和穂 1994年08月01日 - 1996年07月31日 北部方面総監部総務部広報室長 北部方面総監部人事部厚生課長
13 加藤幸治 1996年08月01日 - 1998年07月31日 北部方面総監部調査部資料課長 第2師団司令部監察官
14 椛村天臣 1998年08月01日 - 2000年07月31日
※1999年07月01日 1等陸佐昇任
第7師団司令部総務課長
(2等陸佐)
第11師団司令部監察官
15 下保英幸 2000年08月01日 - 2002年07月31日
※2001年01月01日 1等陸佐昇任
第2師団司令部第1部長
(2等陸佐)
第17普通科連隊
山口駐屯地司令
16 岸良和典 2002年08月01日 - 2004年11月30日 第2師団司令部第1部長 陸上自衛隊幹部学校教育部教務課長
17 四月朔日徹 2004年12月01日 - 2006年08月03日 第2師団司令部第4部長 第28普通科連隊長
兼 函館駐屯地司令
18 小林勇夫 2006年08月04日 - 2008年03月25日
※2008年01月01日 1等陸佐昇任
第11対戦車隊
倶知安駐屯地司令
(2等陸佐)
陸上自衛隊幹部学校学校教官
19 大川浩史 2008年03月26日 - 2009年07月31日
※2009年01月01日 1等陸佐昇任
北部方面総監部人事部勤務
(2等陸佐)
陸上自衛隊幹部学校学校教官
20 坂井桂介 2009年08月01日 - 2011年03月22日 陸上自衛隊北海道補給処
装備計画部企画課長
北部方面総監部付
21 堤秀一 2011年03月23日 - 2012年12月03日
※2011年07月01日 1等陸佐昇任
陸上自衛隊富士学校勤務
(2等陸佐)
第50普通科連隊
高知駐屯地司令
22 平田雄嗣 2012年12月04日 - 2015年03月31日
※2013年01月01日 1等陸佐昇任

(2等陸佐)
第13普通科連隊
松本駐屯地司令
23 柳田孝臣 2015年04月01日 - 2017年07月31日
※2015年07月01日 1等陸佐昇任
陸上自衛隊富士学校勤務
(2等陸佐)
西部方面総監部人事部厚生課長
24 山口尚 2017年08月01日 - 第14普通科連隊副連隊長
(2等陸佐)

主な選手等[編集]

主要装備[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 陸上自衛隊冬季戦技教育隊の組織等に関する訓令
  2. ^ 特別体育課程教育室、自衛隊体育学校隷下で新たなスタート(朝雲新聞社、2016/4/11閲覧)
  3. ^ DVD冬季遊撃行動集合教育密着ドキュメント!(HAJIMEVISION)
  4. ^ 三島瑞穂「グリンベレーD446」(並木書房)

外部リンク[編集]