小松崎弘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界学生
2000 マラガ 無差別
2002 ノヴィ・サド 無差別

小松崎 弘子(こまつざき ひろこ、1981年3月2日 - )は茨城県出身の日本柔道家。78kg超級の選手。身長164cm。得意技は背負投[1]

経歴[編集]

柔道は6歳の時に始めた[1]。土浦第四中学3年の時には全国中学校柔道大会の56kg超級で3位になった[1]千葉県市立柏高校に進むと菊川慶一の指導の下でさらに力を付けて、2年の時には金鷲旗で3位、インターハイ団体戦では2位となった。全国高校選手権78kg超級では優勝を飾った[1]。3年の時には金鷲旗で2位だったものの、インターハイの団体戦ではチームの初優勝に貢献した。全日本ジュニアでは2位となった[1]拓殖大学へ進むと、1年の時には全日本ジュニアの決勝で土浦日大高校3年の塚田真希に敗れて2位だった[1]正力杯でも2位にとどまった。2年の全日本ジュニアでも決勝で塚田に敗れて3年連続2位に終わった[1]。しかし、アジアジュニアでは中国のトウ文を破って優勝を飾った[1]世界学生の無差別でも優勝を果たした[2]。一方、正力杯ではこの年から3年連続3位にとどまった。3年の時には全国女子体重別で決勝まで進むが、誠道館船山塾の二宮美穂に敗れた[1]。4年の時には全国女子体重別で3位だった。世界学生の無差別では3位にとどまり、2連覇はならなかった[1]。2003年に自衛隊体育学校に入校すると、実業個人選手権で優勝したが、講道館杯では3位だった[1]。2004年の実業個人選手権では決勝でミキハウス薪谷翠に敗れた。2005年には選抜体重別で3位だったが、実業個人選手権では2年ぶり2度目の優勝を飾った[3]

主な戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「平成15年度後期男女強化選手名鑑」近代柔道 ベースボールマガジン社、2004年2月号
  2. ^ [世界学生選手権」近代柔道 ベースボールマガジン社、2001年2月号
  3. ^ 全日本実業柔道個人選手権大会

外部リンク[編集]