高塚紀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高塚 紀行 Wrestling pictogram.svg
個人情報
フルネーム 高塚 紀行
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1985-04-28) 1985年4月28日(34歳)
大阪府
身長 163 cm (5 ft 4 in)
スポーツ
日本の旗 日本
競技 レスリング
種目 男子フリースタイル60kg級

高塚 紀行(たかつか のりゆき、男性、1985年4月28日[1] - )は、日本レスリング選手。大阪府出身[1]霞ヶ浦高等学校日本大学卒業。自衛隊体育学校所属。

来歴[編集]

少年少女レスリングの名門、吹田市民教室でレスリングを始める。

霞ヶ浦高校3年で高校4冠(選抜、ジュニア、インターハイ、国体)達成[1]

日大進学後も全日本大学選手権で史上13人目の1年生王者となる[1]

2005年世界ジュニア選手権で銅メダル獲得[2]ユニバーシアードにも出場したが、1回戦で敗れ敗者復活もならず[3]

2006年世界選手権で銅メダル獲得[1]。2007年の全日本選手権で優勝し、翌年の北京オリンピック代表を懸けて湯元健一と対戦したが、僅差で敗退[1]

2010年、自衛隊に入隊[1]

2014年アジア競技大会で銅メダル獲得[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 保高幸子 (2011年12月13日). “【特集】4年前のレスリング再現へ…男子フリースタイル60kg級・高塚紀行(自衛隊)”. 公益財団法人日本レスリング協会. 2015年11月28日閲覧。
  2. ^ 高塚紀行(日大)が銅メダル獲得…世界ジュニア選手権第1日”. 公益財団法人日本レスリング協会. 2015年11月28日閲覧。
  3. ^ 3選手とも敗者復活戦へまわれず…ユニバーシアード第2日”. 公益財団法人日本レスリング協会. 2015年11月28日閲覧。
  4. ^ 高塚紀行(自衛隊)と荒木田進謙(警視庁)が銅メダル…アジア大会第3日”. 公益財団法人日本レスリング協会 (2014年9月30日). 2015年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 高塚紀行 - International Wrestling Database (英語)