森山泰年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・グレコローマン
アジア大会
1986 ソウル 90kg級
1990 北京 90kg級
1994 広島 90kg級
レスリングアジア選手権
1989 茨城 90kg級
1992 テヘラン 90kg級
1993 広島 90kg級

森山 泰年(もりやま やすとし、1957年8月4日 - )は、日本レスリング選手。岡山県出身。全日本選手権で男子歴代最多となる14連覇を誇る。オリンピック3大会連続出場。

経歴[編集]

東岡山工業高校東洋大学柔道に熱中。自衛隊体育学校では自衛隊柔道3連覇を達成した後、レスリングに本格転向。航空自衛官。

1982年に全日本選手権グレコローマン82kg級で優勝すると、同級で3連覇後、90kg級でも連覇を続け、2階級で14連覇という前人未到の記録を打ち立てた。最後の優勝は38歳の時で、2015年に永田克彦が42歳で優勝するまで最年長優勝記録だった。

オリンピックにもロサンゼルス・ソウル・バルセロナの3大会連続で出場。3大会とも2回戦敗退に終わっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]