坂本真喜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂本 真喜子 Wrestling pictogram.svg
個人情報
生誕名 坂本 真喜子
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1985-11-20) 1985年11月20日(33歳)
青森県八戸市
スポーツ
競技 レスリング
クラブ 自衛隊体育学校

坂本 真喜子(さかもと まきこ、1985年11月20日 - )は、日本の女子レスリング48kg級の元選手。青森県八戸市出身。陸上自衛官3等陸曹)。女子レスリング51kg級の小原日登美は姉、また女子レスリング67kg級の坂本襟いとこである。身長152cm。中京女子大学附属高等学校(現・至学館高等学校) - 中京女子大学山本美憂が2回以上対戦して一度も勝つことができなかった唯一の選手である。

経歴[編集]

2000年全国女子中学生選手権優勝などを経て、中京女子大学附属高校へ。2002年に全日本選手権48kg級で勝ち(以下同級)、2003年は世界選手権に出場して5位。アテネオリンピック伊調千春との争いに敗れて逃したが、2005年世界選手権に出場して銅メダルを獲得。しかし、2006年2007年の世界選手権の出場権を獲得することはできなかった。2008年の世界選手権で銅メダルを獲得した。

2010年、自衛隊のレスリング選手である清水博之と結婚を機に引退。[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自衛隊スポーツ2010年3月18日、朝雲新聞社。

外部リンク[編集]