全日本アマチュアボクシング選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全日本アマチュアボクシング選手権大会
開始年 1926
主催 日本ボクシング連盟
加盟国 日本の旗 日本
最多優勝 辻本和正(10回)
備考 当初の大会名は全日本アマチュア拳闘選手権大会
テンプレートを表示

全日本アマチュアボクシング選手権大会(ぜんにほんアマチュアボクシングせんしゅけんたいかい)は、日本ボクシング連盟が主催する、アマチュアボクシングの全国大会である。

概要[編集]

日本ボクシングの父・渡辺勇次郎が主体的役割を果たし1926年11月27日に、靖国神社相撲場で「第1回全日本アマチュア拳闘選手権大会」が開催された。そして、戦争による休止を経て1946年より毎年開催されている伝統ある大会である。 開催時期は毎年11月(年度によっては変動あり)で、国体のリハーサル大会(第36回より一部年度除く)として都道府県ごとの持ち回りとなる。

アマチュアボクシング日本一が決定され、原則としてこの大会の優勝者がその年のアマチュアボクシングの全日本ランキングでチャンピオンにランクされる。オリンピック及び世界選手権などの国際大会を目指す日本代表の選考会も兼ねる一方、ここで成績を残しプロに転じる選手も多い。

2011年よりAIBAオフィシャルルールが全面導入されている[1]

参加資格[編集]

18歳以上41歳未満で練習開始から1年以上が経過したJABF登録男子選手。

2013年までは15歳以上(高校生)も参加できたが、AIBAより通達されたため出場不可になった[2]。また、上限も2012年までは35歳未満だった。

出場枠[編集]

各階級ごとに、日本ボクシング連盟10ブロック(北海道・東北・関東・北信越・東海・関西・中国・四国・九州)の各予選から1名、大会開催都道府県から1名、に加えて、以下にあげる日本連盟推薦選手が出場する。(2011年までは東京ブロックが存在したが以降は廃止され関東ブロックに編入。2012年は東京都で開催された)

日本連盟推薦
  • 前年度当大会優勝者
  • 前年度国民体育大会成年の部優勝者
  • 国際大会活躍選手
  • 当該年度関西大学リーグ戦5戦全勝者
  • 当該年度関東大学リーグ戦5戦全勝者
  • 当該年度関東大学リーグ戦階級賞受賞者
  • 上記以外で日本連盟が推薦する者
育成枠
  • 国内トップクラスのシニア選手で、将来日本代表として国際大会で活躍が期待される者。
会長特別推薦枠

歴代開催地[編集]

年度 開催地 会場 備考
1 1926 東京 靖国神社相撲場所 第1回
2 1928 東京 靖国神社相撲場所
3 1928 東京 靖国神社相撲場所
4 1929 東京 靖国神社相撲場所
5 1930 東京 日比谷 連盟認定
東京 日比谷 協会認定
6 1931 東京 日比谷 連盟認定
東京 日比谷 協会認定
7 1932 東京 日比谷 統一
8 1933 東京 明治神宮 明治神宮体育大会の1競技として
9 1934 東京 日比谷
10 1935 東京 明治神宮 明治神宮体育大会の1競技として
11 1936 東京 日比谷
12 1937 兵庫 甲子園
13 1938 東京 明治神宮
14 1939 戦争のため中止
15 1940 東京 明治神宮 明治神宮国民体育大会の1競技として
16 1946 東京 明治神宮
17 1947 東京 田園コロシアム
18 1948 愛知 名古屋
19 1949 東京 三田ホール
20 1950 兵庫 西宮
21 1951 山形 山形市立第三中学校 初の国体リハーサル大会
22 1952 愛媛 愛宕山特設リンク
23 1953 東京 田園コロシアム
24 1954 香川 丸亀
25 1955 東京 国際スタジアム
26 1956 東京 千駄ヶ谷
27 1957 富山 高岡市立志貫野中学校体育館
28 1958 東京 日大講堂
29 1959 岡山
30 1960 東京 後楽園ジムナジアム
31 1961 東京 後楽園ジムナジアム
32 1962 秋田
33 1963 東京 日大講堂
34 1964 東京 渋谷
35 1965 岩手 水沢
36 1966 埼玉 本庄東中体育館
37 1967 東京 京華学園
38 1968 長崎 桜馬場中学校体育館
39 1969 東京 岸記念体育館
40 1970 和歌山 有田市民体育館
41 1971 沖縄 寄宮体育館
42 1972 千葉 習志野市民体育館
43 1973 茨城 常陸太田市立太田中学校体育館
44 1974 三重 久居市体育館
45 1975 佐賀 嬉野商業高校体育館
46 1976 青森 七戸町立体育館
47 1977 長野 丸子町営総合体育館
48 1978 宮崎 宮崎日本大学高校体育館
49 1979 栃木 西那須野町勤労青少年体育センター
50 1980 滋賀 能登川町民スポーツセンター
51 1981 島根 益田市民体育館
52 1982 群馬 安中市立第一中学校体育館
53 1983 奈良 王寺町立王寺中学校体育館
54 1984 鳥取 溝口町民体育館
55 1985 山梨 昭和町民体育館
56 1986 沖縄 沖縄市体育館
57 1987 京都 山城勤労者福祉会館
58 1988 岩手 新日鐵釜石体育館
59 1989 福岡 大牟田市民体育館
60 1990 石川 金沢市中央市民体育館
61 1991 山形 新庄南高校体育館
62 1992 徳島 鴨島町民体育館
63 1993 愛知 稲沢市総合体育館
64 1994 福島 保原町体育館
65 1995 広島 広島市中区スポーツセンター
66 1996 大阪 柏原市立柏原中学校屋内運動場
67 1997 神奈川 茅ヶ崎市総合体育館
68 1998 熊本 松島町総合センター アロマ
69 1999 富山 高岡テクノドーム(富山県産業創造センター)
70 2000 宮城 仙台サンプラザホール
71 2001 高知 高知小津高校体育館
72 2002 静岡 南熱海マリンホール
73 2003 埼玉 大利根町文化体育館
74 2004 岡山 岡山ドーム
75 2005 兵庫 西宮市立中央体育館
76 2006 秋田 男鹿市若美総合体育館
77 2007 大分 津久見高校体育館
78 2008 新潟 加茂勤労者体育センター
79 2009 千葉 鴨川市総合運動施設文化体育館
80 2010 山口 上関町民体育館
81 2011 岐阜 岐阜産業会館
82 2012 東京 日野市市民の森ふれあいホール
83 2013 長崎 雲仙市吾妻体育館
84 2014 和歌山
85 2015 岩手
86 2016 愛媛
87 2017 福井
88 2018 茨城
89 2019 鹿児島
90 2020 三重

歴代最優秀選手[編集]

年度 受賞者 階級
75 2005 菊地智則 ミドル級
76 2006 笹原伊史 フェザー級
77 2007 川内将嗣 ライトウェルター級
78 2008 川内将嗣 ライトウェルター級
79 2009 川内将嗣 ライトウェルター級
80 2010 林田太郎 ライトフライ級
81 2011 村田諒太 ミドル級
82 2012 中澤奨 バンタム級
83 2013 鈴木康弘 ウェルター級
84 2014
85 2015
86 2016

全日本選手権優勝歴のあるプロボクサー・格闘家[編集]

太字はオリンピック出場選手

放送[編集]

大会から約1週間後にEテレで各階級決勝戦の模様がダイジェスト放送される。

脚注[編集]

  1. ^ 善理俊哉 誰もが「世界」を体感できる せりしゅんや的アマボク通信 2011年10月21日
  2. ^ “日本ボクシング連盟:「アカデミー」で小中生強化へ”. 毎日新聞. (2014年5月25日). http://mainichi.jp/sports/news/20140526k0000m050019000c.html 2014年10月15日閲覧。 

関連項目[編集]