黒岩守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒岩守(くろいわ まもる、1962年12月16日 - )は、昭和時代の日本のボクサーロサンゼルスオリンピックソウルオリンピックに日本代表として出場した。現役時代はアシックス所属。2007年に退社した後、地元で営業マンの傍らアマチュアボクシングのA級審判員として活動している[1]

同じくロス五輪代表で後にプロデビューした平仲明信東悟は大学の1年後輩に当たる。

出身地[編集]

出身校[編集]

戦績[編集]

  • 1983年、全日本ライトフライ級チャンピオン(準決勝で専修大学1年の大橋秀行に勝利。1984年まで連覇)
  • 1984年、ロサンゼルスオリンピック出場。8位入賞
  • 1986年、全日本ライトフライ級チャンピオンに復帰(1987年は初戦で地元代表枠の立命館大学1年八尋史朗にフルマークの完勝。1988年まで3連覇)
  • 1988年、ソウルオリンピックボクシングライトフライ級に出場。準々決勝に進出する健闘をみせた

脚注[編集]

  1. ^ 黒岩守 大橋・玉熊に勝ったオリンピアン せりしゅんや的アマボク通信 2015年3月6日

関連項目[編集]