阿部麗也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿部 麗也
基本情報
通称 大和の雷神
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1993-03-25) 1993年3月25日(28歳)
出身地 福島県耶麻郡[1]
スタイル サウスポー[2]
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 21
KO勝ち 9
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

阿部 麗也(あべ れいや、1993年3月25日[1] - )は、日本プロボクサー福島県耶麻郡出身。KG大和ボクシングジム所属。ニックネームは「大和の雷神[3]

来歴[編集]

中学時代はバスケットボール部、特設陸上部として砲丸投げをやっていた[4]

福島県立会津工業高校入学とともにボクシング部に入部。

2013年6月2日に茅ヶ崎市総合体育館で広川哲矢と56.5キロ契約4回戦を戦い、4回3-0(39-37x2、39-38)の判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[5]が、次の試合では4回判定負けでプロ黒星を喫した[6]

2014年東日本フェザー級新人王として、西軍代表殿本恭平を相手に5回3-0(49-45x2、49-46)の判定勝ちを収めて全日本新人王を獲得した[7][8] 。なおこの勝利でJBCの発表した最新ランキングで初めてフェザー級日本ランク入りを果たす[9]

そして2017年10月2日に後楽園ホールで行われた「第61回フェニックスバトル」にて世界ランカー細野悟スーパーフェザー級10回戦を行い、9回負傷判定勝ちを収めた[10]

その後3連勝して2018年12月、来年5月1日に日本フェザー級王者源大輝とフェザー級タイトルマッチを行うことが発表された[11]

2019年5月1日、後楽園ホールで行われた「DANGAN223」で源大輝と日本フェザー級タイトルマッチを行い、10回1-1(95-94、94-94×2)の判定で引き分けとなり、王座を獲得することは出来なかった[12]

2019年9月13日、後楽園ホールで源が返上した日本フェザー級王座を懸けて、佐川遼と対戦する予定[13]

2019年9月13日、後楽園ホールで日本フェザー級2位の佐川遼と対戦し、10回0-3(95-96,94-96×2)で判定負けを喫し、王座獲得に失敗した[14]

2020年10月13日、後楽園ホールで日本フェザー級7位の佐々木蓮と対戦し、8回3-0(77-75、78-74×2)で判定勝ちを収めた[15]

2021年4月21日、後楽園ホールで日本フェザー級18位・OPBF東洋太平洋同級11位のの竹嶋宏心と対戦し、7回2分42秒3-0(67-64、68-64、68-63)で負傷判定勝ちを収めた[16]

獲得タイトル[編集]

戦績[編集]

  • プロボクシング - 25戦21勝3敗1分(9KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 2013年6月2日 勝利 4R 判定3-0 広川哲矢(ピストン堀口) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2013年7月29日 敗北 4R 判定0-3 小林光希(三谷大和スポーツ) 日本の旗 日本
3 2013年12月8日 勝利 4R 判定3-0 中川祐(横浜光 日本の旗 日本
4 2014年4月1日 勝利 2R 1:56 TKO 山形武史(イマオカ) 日本の旗 日本 2014年東日本フェザー級新人王予選
5 2014年5月8日 勝利 1R 1:59 KO 木村太一(協栄山神 日本の旗 日本 2014年東日本フェザー級新人王予選
6 2014年7月24日 勝利 4R 判定3-0 片山佑一(RK蒲田) 日本の旗 日本 2014年東日本フェザー級新人王予選
7 2014年9月25日 勝利 2R 1:34 TKO 板倉永佳(将拳) 日本の旗 日本 2014年東日本フェザー級新人王予選
8 2014年11月2日 勝利 1R 1:53 KO 森屋直人(ワールドスポーツ 日本の旗 日本 2014年東日本フェザー級新人王決勝戦
9 2014年12月21日 勝利 5R 判定3-0 殿本恭平ハラダ 日本の旗 日本 2014年全日本フェザー級新人王決勝戦
10 2015年3月17日 敗北 6R 判定0-2 草野慎悟(ヨネクラ 日本の旗 日本
11 2015年8月8日 勝利 6R 判定3-0 日野僚(川崎新田 日本の旗 日本
12 2015年11月22日 勝利 6R 1:21 TKO 鈴木鹿平(E&Jカシアス 日本の旗 日本
13 2016年3月17日 勝利 8R 判定3-0 丸亀光(竹原慎二&畑山隆則 日本の旗 日本
14 2016年7月19日 勝利 5R 1:47 TKO 草野慎悟(ヨネクラ) 日本の旗 日本
15 2016年10月17日 勝利 8R 0:52 TKO 溜田剛士(ヨネクラ) 日本の旗 日本
16 2017年2月28日 勝利 8R 判定3-0 ジョー・ミサコ フィリピンの旗 フィリピン
17 2017年10月2日 勝利 9R 負傷判定 細野悟大橋 日本の旗 日本
18 2017年12月17日 勝利 1R 1:10 TKO メータウィン・ポーパセート タイ王国の旗 タイ
19 2018年3月2日 勝利 8R 判定3-0 渡部大介ワタナベ 日本の旗 日本
20 2018年9月1日 勝利 6R 2:25 TKO 野口将志(一力) 日本の旗 日本
21 2019年1月19日 勝利 8R 判定3-0 杉田ダイスケ(ワタナベ) 日本の旗 日本
22 2019年5月1日 引分 10R 判定1-1 源大輝(ワタナベ) 日本の旗 日本 日本フェザー級タイトルマッチ
23 2019年9月13日 敗北 10R 判定0-3 佐川遼三迫 日本の旗 日本 日本フェザー級王座決定戦
24 2020年10月14日 勝利 8R 判定3-0 佐々木蓮(ワタナベ) 日本の旗 日本
25 2021年4月21日 勝利 7R 2:42 負傷判定3-0 竹嶋宏心( 日本の旗 日本
26 2021年11月27日 - - - 渡部大介(ワタナベ) 日本の旗 日本 日本フェザー級王座挑戦者決定戦
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ a b DANGAN107 ルーキーズカップ 新人王予選&C級トーナメントVol.2準決勝Dangan
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】フェザー級 (57.15 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ 昨日の阿部麗也の試合結果 KG大和ボクシングジム会長ブログ 2019年1月20日
  4. ^ フェザー級の阿部が初回豪打で敢闘賞 日刊スポーツ 2014年11月3日
  5. ^ 2013年6月試合結果 日本ボクシングコミッション
  6. ^ 2013年7月試合結果 日本ボクシングコミッション
  7. ^ ボクサー名鑑 武士道ボクシングV 2015年8月5日
  8. ^ 阿部麗也選手、全日本フェザー級新人王に! KG大和ボクシングジム&フィットネスジム 2014年12月21日
  9. ^ 2014年12月度ランキング 日本ボクシングコミッション
  10. ^ 清水聡がOPBF王座獲得、細野悟は阿部麗也に完敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月2日
  11. ^ チャンピオンカーニバル発表会 細川バレンvs井上浩、源vs阿部が主役アピール Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月25日
  12. ^ 源大輝が2度ダウン奪ってドロー防衛 日本フェザー級戦 阿部麗也は戴冠ならず Boxing News(ボクシングニュース)2019年5月1日
  13. ^ 空位のフェザー級は阿部麗也vs佐川遼が決定! ボクシングモバイル 2019年6月26日
  14. ^ 佐川遼が阿部麗也に競り勝つ 日本フェザー級新王者 Boxing News(ボクシングニュース)2019年9月13日
  15. ^ IBFフェザー級10位の阿部麗也が再起戦勝利 天才から凡人に降格も最昇格はお預け Boxing News(ボクシングニュース)2020年10月13日
  16. ^ 松永宏信が日本S・ウェルター級V3 新鋭の中島玲に判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース)2021年4月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]