森岡栄治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森岡 栄治 Boxing pictogram.svg
個人情報
生誕名 森岡 栄治
国籍 日本
生誕 (1946-06-08) 1946年6月8日[1]
大阪府大阪市[2]
死去 (2004-11-09) 2004年11月9日(58歳没)[2]
兵庫県川西市[2]
身長 165 cm (5 ft 5 in)[1]
体重 54 kg (119 lb)[1]
スポーツ
競技

男子 ボクシング

階級 バンタム級[2]
森岡栄治
基本情報
本名 同じ
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1946-06-08) 1946年6月8日
出身地 大阪府大阪市
死没日 (2004-11-09) 2004年11月9日(58歳没)
死没地 兵庫県川西市
プロボクシング戦績
総試合数 11
勝ち 7
敗け 4
テンプレートを表示

森岡 栄治(もりおか えいじ、男性、1946年6月8日 - 2004年11月9日)は、日本プロボクサー大阪府大阪市大正区出身。1968年メキシコシティーオリンピックボクシングバンタム級銅メダリスト

来歴[編集]

大阪浪商高(現大体大浪商高)3年時にインターハイバンタム級優勝。近畿大学商学部進学後も1965年から全日本選手権4連覇を達成。1968年メキシコシティオリンピックで銅メダルを獲得。決勝進出を阻んだのは不可解な判定であったが、会場がブーイングを続けたことに対し、森岡は「メキシコの人たちが、あれだけ騒いでくれたことがうれしい」と言い残している[3]。アマチュア戦績138戦128勝72KO・RSC10敗。

大学卒業後、東京の高橋ジムからプロデビューし日本バンタム級王者内山真太郎に挑むなどしたが結果を残せず、右目網膜剥離のため25歳で競技引退。プロ戦績11戦7勝4敗。1978年、大阪玉造森岡ボクシングジムを設立し指導者となる。その後、天六天満橋池田市と移転し、2002年に現在の川西市一の鳥居駅前に移る。

1998年から3年間、西日本ボクシング協会会長を務め、近畿大学体育会ボクシング部OB会会長も歴任した。2004年に食道癌により死去。享年58。ジムは同OBで長男の和則が引き継ぎ、エイジスポーツクラブにて森岡ボクシングジムを運営、愛称ブロンズチーム。2013年にカザフスタンで開催されたアジアジュニア選手権では5名の日本人が銅メダリストとなったが[4]、このうち2選手が同ジムで練習している[5]

甥の脚本家森岡利行により、森岡栄治の実伝を元にした「子猫の涙」(旧題:路地裏の優しい猫)が、第3回日本映画エンジェル大賞受賞。武田真治主演で映画化された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Eiji Morioka Biography and Olympic Results” (英語). Sports-Reference.com. 2012年8月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 共同通信 (2004年11月10日). “森岡栄治氏死去 ボクシング銅メダリスト”. 47NEWS. 2012年8月3日閲覧。
  3. ^ 「あれだけ騒いでくれたのがうれしい」オリンピック名言集 選手編 - 北京オリンピック”. 日刊スポーツ (2008年). 2012年8月3日閲覧。
  4. ^ Newsletter April 2013”. ASBC(アジアボクシング連盟) (2013年4月). 2013年5月22日閲覧。
  5. ^ 幾島健太郎 (2013年5月22日). “ボクシング: メダル獲得を報告 アジアジュニア出場の2人、川西市長に/兵庫”. 毎日新聞. 2013年5月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]