東悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東 悟
基本情報
本名 東 悟
階級 ジュニアウェルター級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1963-07-18) 1963年7月18日(55歳)
出身地 神奈川県横浜市
プロボクシング戦績
総試合数 12
勝ち 9
KO勝ち 7
敗け 3
テンプレートを表示

東 悟ひがし さとる1963年7月18日 - )は、神奈川県横浜市出身のプロボクシング選手・トレーナーである。

来歴[編集]

日本大学第三高等学校日本大学卒。 高校にはボクシング部はなかったため金子ジムに所属し、社会人選手権に出場。

大学進学後、フェザー級で1983年より全日本選手権3連覇、1987年からライト級で2連覇となり、ロサンゼルス・ソウルオリンピック2大会連続出場。 ちなみに日大三高では、元F1ドライバー片山右京野球福王昭仁立川志らくらと同期である。

ソウル五輪後、大学の同期だった平仲明信を頼り沖縄ジム(現・琉球ジム)に入門。1989年11月23日、浦添市でのMacalino Silvano戦でプロデビュー。

デビュー6連続KOを含む7連勝を築き、1993年3月8日古城賢一郎との日本ジュニアライト級(現在のスーパーフェザー級)王座決定戦に挑むが、判定負け。

その後、3年以上のブランクを経て復活。1997年11月17日リック吉村が持つ日本ライト級王座に挑むが、またしても判定で退く。

2000年6月19日、後に日本王者となる中野吉郎を1回KOで倒したが、この試合後、37歳定年制により引退。

2003年白井・具志堅スポーツジム具志堅用高が会長)のトレーナーに就任。

その後、平仲が設立した平仲ボクシングスクールの特別トレーナーを経て、2013年に東京都大田区矢口にアマチュア専門の「東ボクシングスクールジム」を設立[1]

プロ戦績[編集]

9勝(7KO)3敗

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]