高橋悠斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋悠斗
基本情報
本名 高橋悠斗
階級 ライトフライ級
身長 157cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1993-02-24) 1993年2月24日(28歳)
出身地 東京都町田市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 15
勝ち 11
KO勝ち 5
敗け 4
テンプレートを表示

高橋 悠斗(たかはし ゆうと、1993年2月24日 - )は、日本の元プロボクサーYouTuber東京都町田市出身[1]。第42代日本ライトフライ級王者。白井・具志堅スポーツジム所属。かつては協栄ボクシングジム[2]・K&Wボクシングジムに所属していた。

来歴[編集]

ボクシングを始める前はキックボクシングをやっていた[3]

2014年12月17日のプロデビュー戦は白星[4]だったが、9か月後の小浦翼との試合でプロ初黒星[5][6]

その後2019年、日本ミニマム級王者田中教仁との日本ミニマム級タイトルマッチが予定されていたが流れた[7]。そして同年10月10日に後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」で日本ライトフライ級王者堀川謙一と日本ライトフライ級タイトルマッチを行い、10回2-0(97-93、96-94、95-95)判定勝ちで日本王座獲得に成功[8][9]

2020年3月9日付けで、白井・具志堅スポーツジムに移籍した[10]

2020年4月3日、白井・具志堅スポーツジムを通じて、タイトルの返上と現役引退を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で数度試合が延期となり「気持ちを維持することが難しい」と理由を説明している[11]

獲得タイトル[編集]

戦績[編集]

  • プロボクシング - 15戦11勝4敗(5KO)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
堀川謙一
第42代日本ライトフライ級王者

2019年10月10日 - 2020年4月3日(返上)

次王者
矢吹正道