ピーター・クイリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピーター・クイリン
PeterQuillin.jpg
基本情報
通称 Kid Chocolate
階級 ミドル級
身長 180cm
リーチ 185cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1983年6月22日(32歳)
出身地 シカゴ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 32
KO勝ち 23
敗け 1
引き分け 1
テンプレートを表示

ピーター・クイリンPeter Quillin、男性、1983年6月22日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーイリノイ州シカゴで生まれ、ミシガン州グランドラピッズで育った。プロへ転向してからはニューヨーク州ニューヨークブルックリン区在住。第22代WBO世界ミドル級王者。試合に勝利した後にチョコレートをばらまくパフォーマンスを行っている。

ニックネーム[編集]

クイリンの父親がキューバ生まれのキューバ育ちであった事と、クイリンの体の特徴が1930年代に活躍したキューバ出身の世界フェザー級スーパーフェザー級王者キッド・チョコレートに似ていたことでKid Chocolateと付けられた。

来歴[編集]

父親のペドロは母国キューバで政治犯だったことからアメリカへ移住してきた。しかし麻薬の売人に身を落としクイリンが6歳の時に刑務所へ6年半収監される[1]。それからは生活保護を受けながら母親が女手1つでクイリン達3兄弟を育て上げた[1]

アマチュア時代はとても短く、わずか15戦(12勝3敗)しか戦っておらず[1]、アマチュアのビックタイトルを手にしたことはない。

2005年6月9日、22歳の時プロに転向。プロデビュー戦を初回TKO勝ちで飾る。

プロで8戦を戦ったあとプロモーターのセドリック・キャッシュナーと契約を交わす[1]

2008年9月の試合のあと、右手の手術やスパーリング中に眼底骨折を負い、約1年5か月のブランクを作る[1]

2010年2月6日、復帰戦を行い、2人がフルマークで1人が大差でクイリンを支持し完封。

2010年4月、トレーナーをフレディ・ローチに交代して[2]、10月にゴールデンボーイプロモーションズと契約する[1]

2011年4月29日、ヘスス・ブリンクリーと空位のUSBO(全米ボクシング機構)全米スーパーミドル級王座を賭け対戦。終始クイリンがリードを奪い、3回TKO勝ち。王座獲得に成功。

2012年6月2日、 ホーム・デポ・センター・テニスコートで、元世界5階級制覇王者ロナルド・ライトアメリカ合衆国)と世界前哨戦を行った。ライトは3年振りの復帰戦であったが、終始クイリンがペースを握り5回にダウンを奪った。その後も攻勢を緩めず10回3-0(2者が98-91、97-92)の大差判定勝ち。前哨戦を勝利で飾った。ライトは6月5日に引退を表明した。

2012年10月20日、バークレイズ・センターにて、ダニー・ガルシアエリック・モラレスの前座で、WBO世界ミドル級王者ハッサン・ヌダム・ヌジカムフランス)と対戦。6度ダウンを奪うなど終始リードを奪い、12回3-0(3者ともに115-107)の大差判定勝ちで王座獲得に成功した[3]

2013年4月27日、バークレイズ・センターにてダニー・ガルシアザブ・ジュダーの前座で、WBO同級9位のフェルナンド・ゲレーロドミニカ共和国)と初防衛戦を行い、7回TKO勝ちを収め初防衛に成功した[4]

2013年10月26日、アトランティックシティボードウォーク・ホールにてバーナード・ホプキンス対カロ・ムラットの前座でWBO同級9位のガブリエル・ロサドと対戦し、10回40秒TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した[5]。試合前のキャンプ中に妻が流産したため、遠く離れたカリフォルニアでキャンプを張っていたクイリンは心労が重なり試合で調子があまり良くなかったと後に伝えられた[6]

2014年4月19日、ワシントンD.C.DCアーモリーベイブット・シュメノフVSバーナード・ホプキンスの前座で元WBO世界スーパーウェルター級暫定王者でWBO同級2位のルーカス・コネチと対戦し、ダウンこそ奪えなかったが一方的に試合を支配して12回3-0(2者が119-109、120-108)の判定勝ちで3度目の防衛に成功した[7]

2014年7月3日、マット・コロボフと指名試合の交渉を30日以内に完了するようWBOから指令が出された[8]

2014年9月4日、入札が行われジェイ・Z率いるロック・ネイション・スポーツが落札するが、クイリンはWBO王座を返上することを発表した[9]

2015年1月9日、ゴールデンボーイプロモーションズからプロモート権を破棄された[10]

2015年4月11日、1年ぶりの試合をバークレイズ・センターダニー・ガルシアラモン・ピーターソンの前座でWBO世界ミドル級王者アンディ・リーと対戦する予定だったが、クイリンが前日計量の1回目で161.4ポンド(73.21キロ)を計測し、1時間半後の再計量でも160.6ポンド(72.85キロ)を計測し体重超過となった為、ファイトマネー50万ドルから12万5千ドルを罰金としてリーへ支払い[11]、ノンタイトル戦に変更して対戦し、12回1-1(112-113、113-113、113-112)の判定で引き分けた[12]

2015年9月12日、フォックスウッズ・リゾート・カジノでマイケル・ゼラファと対戦し、5回1分2秒KO勝ちを収めた。

2015年12月5日、バークレイズ・センターWBA世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブスと対戦するが、右ストレートが顎にヒットしぐらついた後に連打の猛攻で棒立ちになりフラフラになったところでレフェリーストップ。初回1分25秒TKO負けを喫し、1年3ヶ月ぶりの世界王座返り咲きとWBOに続く王座獲得に失敗した[13][14]

2015年12月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のジェイコブス戦に敗れミドル級2冠に失敗したクイリンをWBA世界ミドル級11位にランクインした[15]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:15戦 12勝 3敗
  • プロボクシング:34戦 32勝 (23KO) 1敗 1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2005年6月9日 1R TKO アンソニー・ハンター アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 2005年8月4日 1R 1:57 TKO アントワン・ヘッジモンド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3 2006年3月16日 2R 0:49 TKO ウィリー・クルス プエルトリコの旗 プエルトリコ
4 2006年4月20日 4R 判定3-0 トーマス・パドロン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
5 2006年6月10日 1R 1:33 KO エディ・オニール アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6 2006年7月26日 1R 1:06 KO ウィリアム・ピエトロ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7 2006年9月20日 2R 2:05 TKO ブラッド・オースティン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8 2006年11月3日 1R 2:56 TKO デビッド・エストラーダ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9 2007年2月22日 1R 0:38 TKO スティーブ・ウォーカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
10 2007年3月10日 2R 0:39 TKO ナタン・マーティン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
11 2007年4月26日 1R 2:18 TKO アレクサンダー・パチェコ・キロス コロンビアの旗 コロンビア
12 2007年5月18日 2R 0:58 TKO ビクター・パズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
13 2007年6月9日 8R 判定3-0 ジャマール・デービス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
14 2007年8月18日 1R 1:38 KO ホセ・ウンベルト・コラル メキシコの旗 メキシコ
15 2007年9月5日 6R 判定3-0 ジェシー・オルタ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
16 2007年12月13日 2R 0:32 TKO トロイ・ロウリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
17 2008年2月23日 2R 1:32 KO トーマス・ブラウン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
18 2008年4月16日 10R 判定3-0 アントワン・エコルズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
19 2008年6月11日 10R 判定3-0 ディオニシオ・ミランダ コロンビアの旗 コロンビア
20 2008年9月17日 10R 1:50 TKO サム・ヒル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
21 2010年2月6日 10R 判定3-0 フェルナンド・スニガ エクアドルの旗 エクアドル
22 2010年12月18日 1R 2:53 KO マーティン・デジャルダン カナダの旗 カナダ
23 2011年2月11日 4R 1:54 TKO デニス・シャープ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
24 2011年4月29日 3R 2:34 TKO ヘスス・ブリンクリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 USBO全米スーパーミドル級王座決定戦
25 2011年7月23日 5R 1:38 TKO ジェイソン・レホーラー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
26 2011年11月5日 6R 2:23 TKO クレイグ・マクエワン イギリスの旗 イギリス
27 2012年6月2日 10R 判定3-0 ロナルド・ライト アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
28 2012年10月20日 12R 判定3-0 ハッサン・ヌダム・ヌジカム フランスの旗 フランス WBO世界ミドル級タイトルマッチ
29 2013年4月27日 7R 1:38 TKO フェルナンド・ゲレーロ ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 WBO防衛1
30 2013年10月26日 10R 0:40 TKO ガブリエル・ロサド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛2
31 2014年4月19日 12R 判定3-0 ルーカス・コネチ チェコの旗 チェコ WBO防衛3
32 2015年4月11日 12R 判定1-1 アンディ・リー アイルランドの旗 アイルランド
33 2015年9月12日 5R 1:02 KO マイケル・ゼラファ オーストラリアの旗 オーストラリア
34 2015年12月5日 1R 1:25 TKO ダニエル・ジェイコブス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA世界ミドル級タイトルマッチ

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f From Brooklyn to L.A. and Everywhere in Between: Introducing Peter Quillin”. Max.Boxing.com. 2013年12月1日閲覧。
  2. ^ Peter Quillin to train with Freddie Roach”. East Side Boxing.com (2010年4月29日). 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ “キッド・チョコレート”6度倒す圧勝 アレキサンダーはベイリー攻略 ボクシングニュース「Box-on!」2012年10月21日
  4. ^ クイリン4度倒しTKO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」2013年4月28日
  5. ^ クイリンがV2、ワイルダーは30連続KO Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月27日
  6. ^ Quillin moves training to N.Y.”. ESPN.com (2014年4月3日). 2014年4月3日閲覧。
  7. ^ クイリンがV3、ポーターはマリナージをTKO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月20日
  8. ^ Quillin-Korobov mandatory ordered”. ESPN.com (2014年7月3日). 2014年7月27日閲覧。
  9. ^ WBOミドル級王者クイリンがタイトル返上 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月5日
  10. ^ Maidana's Adviser on The Separation From Golden Boy”. BoxingScene.com (2015年1月10日). 2015年1月11日閲覧。
  11. ^ Peter Quillin fails to make weight”. ESPN.com (2015年4月11日). 2015年4月12日閲覧。
  12. ^ ガルシアがSL級対決判定勝ち、ミドル級はドロー Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月12日
  13. ^ ジェイコブスが初回KO勝ち、クイリン下しV3 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月5日
  14. ^ Jacobs Obliterates Quillin WBA公式サイト 2015年12月6日
  15. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年12月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ハッサン・ヌダム・ヌジカム
第22代WBO世界ミドル級王者

2012年10月20日 - 2014年9月4日(返上)

空位
次タイトル獲得者
アンディ・リー