アルフレド・アングロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルフレド・アングロ
基本情報
本名 Alfredo Angulo Lopez
通称 Perro(狂犬)
階級 スーパーミドル級
身長 177cm
リーチ 175cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1982年8月11日(33歳)
出身地 バハ・カリフォルニア州メヒカリ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 24
KO勝ち 20
敗け 5
テンプレートを表示
獲得メダル
メキシコの旗 メキシコ
男子 ボクシング
パンアメリカン大会
2003 サントドミンゴ ウェルター級

アルフレド・アングロAlfredo Angulo、男性、1982年8月11日 - )は、メキシコプロボクサーバハ・カリフォルニア州メヒカリ出身。 元WBO世界スーパーウェルター級暫定王者

来歴[編集]

最初はボクシングが好きではなかったが、暇をもてあましていたのでボクシングジムへ入会した。そして1ヶ月後には試合に出場するようになり、1年半後にはオリンピック代表に選ばれた。5歳の時に父親が亡くなっている[映像 1]

アマチュア時代[編集]

2004年、オリンピック大陸予選にミドル級(75kg)で出場、準決勝でジャン・パスカルから勝利を挙げるが、決勝でアンドレ・ディレルに敗退した[1]

2004年、メキシコ代表としてアテネオリンピックボクシングミドル級(75kg)に出場し、1回戦でアンディ・リーアイルランド)に敗北した[2]

プロ時代[編集]

2005年1月6日、アメリカ合衆国でプロデビュー。

2008年5月17日、WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王座決定戦でリチャード・グティエレス(コロンビア)と対戦し、5回TKO勝ちで王座を獲得した。

2009年5月30日、全勝(15戦15勝)のままWBC世界スーパーウェルター級王座挑戦者決定戦でカーミット・シントロンプエルトリコ)と対戦し、0-3の判定負けを喫しプロキャリア初黒星となった。

2009年11月7日、WBO世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦でハリージョー・ヨルギイ(アメリカ)と対戦し、3回KO勝ちで暫定王座を獲得した。

2010年4月24日、 ジョエル・フリオ(コロンビア)と対戦し、11回TKO勝利で暫定ながら初防衛に成功した。

2010年7月17日、ジョアキン・アルシネ(ハイチ)とWBCコンチネンタルスーパーウェルター級王座及び WBC世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦を行い、1回TKO勝利で同王座への挑戦権を獲得した。

2011年2月、WBCコンチネンタルスーパーウェルター級王座を返上した。

2011年8月11日、自身の誕生日にゴールデンボーイ・ プロモーションズと契約する事が発表された[3]

2011年8月20日、返上したWBCコンチネンタルスーパーウェルター級王座を再度獲得するために、ジョセフ・ゴメス(アメリカ)と決定戦を行い1RKO勝利で同王座の再獲得に成功した[4]

2011年11月5日、WBCコンチネンタルスーパーウェルター級の初防衛戦としてジェームス・カークランド(アメリカ)を迎え撃つが、6回TKO負けで初防衛に失敗した。

2012年11月10日、1年振りとなる試合でラウル・カサレス(アメリカ)と対戦し、初回56秒KO勝利で再起戦を白星で飾った[5]

2012年12月15日、亀海喜寛と対戦し引き分けだったホルヘ・シルバ(メキシコ)とスーパーウェルター級12回戦[156ポンド契約(70.76キロ)]で戦い3-0の判定勝利[6]

2013年6月8日、米国・カリフォルニア州カーソンの スタブハブ・センター・テニスコートにてマルコス・マイダナホセシート・ロペスの前座で、WBA世界スーパーウェルター級1位のエリスランディ・ララキューバ)とWBA世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦を行った。序盤はララに先制されるがアングロは4回に左フックでダウンを奪う。中盤はララの華麗なフットワークに翻弄されポイントを奪取されるが、9回に左フックでララから2度目のダウンを奪った。9回までのスコアは2-1と僅差でララにリードを許していたが2度ダウンを奪っていたことで試合はまだ分からない展開であった。しかしこれまで蓄積されたダメージは大きくアングロの左目はグロテスクに腫れあがっていた、そして10回にアングロがララに対して背を向けたところでレフェリーが試合がストップ10回TKO負けで王座獲得は失敗した。試合後にアングロは試合をやめるつもりは無かったと話した「決して試合をやめるつもりは無かった。ララにサミングで目を2度突かれたからトレーナーに言おうと思ってコーナーの方へ振り返ったんだ。そしたらレフェリーが状況も確認しないで試合をストップしてしまったのさ。」ただしアングロが言い訳をしているだけでダメージにより背を向けたというのが大方の見方である。またアングロがララのグローブに不正があると訴えたため、コミッションがララのグローブを回収し調査したが細工などの不正は確認されなかった[7]

2014年3月8日、MGMグランド・ガーデン・アリーナで元WBA・WBC世界スーパーウェルター級スーパー王者サウル・アルバレスとノンタイトル12回戦で対戦。スーパーウェルター級(154ポンド)で行われることになっていたが、アルバレスが減量を失敗したため計量直前の土壇場で10万ドルの罰金をアングロに支払い155ポンドのキャッチウェイトで試合が行われることに変更となった [8]。試合は初回から一方的な展開となりレフェリーが試合を止め10回47秒TKO負けでアングロは再起に失敗し2連敗となったが、一方的であったもののアングロはダウンを1度もしておらず試合終了まであと2回であったことなどから試合をとめたレフェリーに対して早すぎたストップだとして観客から大きなブーイングが飛ばされた[9]

2014年9月13日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでフロイド・メイウェザー・ジュニアVSマルコス・マイダナ第2戦の前座でジェームズ・デ・ラ・ロサと162ポンドのキャッチウェイトで対戦[10]。試合は2回に左フックでダウンを喫し、8回にはローブーローで減点をされ、10回0-3の大差判定負け。格下相手に痛い負けを喫し、3連敗となった。

2015年1月9日、ゴールデンボーイプロモーションズからプロモート権を破棄されたことで、同プロモーションを離脱した。

獲得タイトル[編集]

  • WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王座(防衛0=返上)
  • WBO世界スーパーウェルター級暫定王座(防衛1=返上)
  • WBCコンチネンタルスーパーウェルター級王座(防衛0=返上)
  • WBCコンチネンタルスーパーウェルター級王座(防衛0=陥落)

脚注[編集]

  1. ^ American Olympic QualifierTijuana, Mexico March 13-20, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  2. ^ 28.Olympic Games Athens, Greece August 14-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ 狂犬アングロがGBPと契約 20日復帰戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年8月13日
  4. ^ カネロの脅威アングロ初回KOで復帰 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年8月21日
  5. ^ マレスがモレノ撃退 サンタクルスKO防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月12日
  6. ^ カーンTKOで再起 ワイルダーは一撃KO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月16日
  7. ^ Did Alfredo Angulo Quit Against Erislandy Lara?”. Yahoo.Sports.com (2013年6月11日). 2013年12月11日閲覧。
  8. ^ Canelo vs. Angulo Weigh In: Results, Top Takeaways and More”. Bleacher Report (2014年3月7日). 2014年3月14日閲覧。
  9. ^ カネロが再起、アングロを10回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月9日
  10. ^ サンタクルスら豪華布陣 メイvsマイダナ前座発表 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月16日

関連項目[編集]

映像資料[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ハリージョー・ヨルギイ
WBO世界スーパーウェルター級暫定王者

2009年11月7日 - 2010年6月(返上)

次暫定王者
返上により消滅