ブライアン・バスケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・バスケス
基本情報
本名 ブライアン・バスケス
通称 El Tiquito
階級 スーパーフェザー級
身長 165cm
リーチ 169cm
国籍 コスタリカの旗 コスタリカ
誕生日 1987年8月26日(27歳)
出身地 コスタリカの旗 コスタリカ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 34
KO勝ち 18
敗け 1
テンプレートを表示

ブライアン・バスケスBryan Vasquez、男性、1987年8月26日 - )は、コスタリカプロボクサー。元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者。コスタリカでは男子プロボクサー初の世界王者。妻は同国の女子プロボクサーハンナ・ガブリエルで世界初の世界王者同士の夫婦である[1]。スピードを生かした攻撃的なボクシングの選手で、ダウンはプロに入って1度もしたことがない。

来歴[編集]

2005年9月16日、プロデビュー。初回KO勝ち。

2008年4月19日、ホセ・グティエレス(ニカラグア)とWBAフェデラテンフェザー級王座決定戦で対戦し、6回10秒KO勝ちを収め王座を獲得した。

2011年3月31日、サントス・マルティネス(ニカラグア)とWBAフェデボルスーパーフェザー級王座決定戦で対戦し、3-0(89-84、90-81、90-81)の判定勝ちを収め王座を獲得した。

2011年7月30日、アラン・エレーラ(メキシコ)とWBAフェデラテンスーパーフェザー級王座決定戦で対戦し、3-0(109-100、108-103、109-101)の判定勝ちを収め王座を獲得した。

2011年11月3日、サンホセ州サンホセザポテにあるペッパーズナイトクラブにて、サントス・ベネビデス(ニカラグア)とWBA世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦を行い、3-0(119-109、118-109、119-109)の判定勝ちを収め暫定ながらコスタリカ初の男子世界王者となった。ホルヘ・ソリスに続き2人目のWBA世界スーパーフェザー級暫定王者の誕生という異常事態となった[2]

2012年1月5日、自身の他、パイパロープ・ゴーキャットジムミニマム級)、ホセ・アルフレド・ロドリゲスライトフライ級)、ファン・カルロス・レベコフライ級)、リボリオ・ソリススーパーフライ級)、ウーゴ・ルイスバンタム級)、ギレルモ・リゴンドウスーパーバンタム級)、リカルド・アブリルライト級)、ヨハン・ペレススーパーライト級)、イスマエル・エル・マスウーディウェルター級)、アンソニー・ムンディンスーパーウェルター級)、ハッサン・ヌダム・ヌジカムミドル級)、ブライアン・マギースーパーミドル級)、デニス・レベデフクルーザー級)の17階級中14階級の暫定王者が世界ランキング1位にランクインされた[3][4]

2012年7月21日、ティフアナのアウディトリオ・ムニシパルでホルヘ・ラシエルバメキシコ)と対戦し、9回1分45秒TKO勝ちを収めWBA世界スーパーフェザー級暫定王座の初防衛に成功した[5]

2012年12月31日、東京大田区総合体育館でWBA世界スーパーフェザー級正規王者内山高志ワタナベ)とWBA世界スーパーフェザー級王座統一戦を行い、プロ初黒星となる8回終了時TKO負けを喫しWBA世界スーパーフェザー級王座の統一に失敗、WBA世界スーパーフェザー級暫定王座の2度目の防衛にも失敗し、暫定王座から陥落すると共に1年間保持してきた暫定王座は正規王座に吸収される形で消滅した[6]

2013年2月28日、サンホセ州ティバスエスタディオ・リカルド・サプリサ・アイマでルイス・エルネスト・ホセ(ドミニカ共和国)と対戦し、初回2分59秒KO勝ちを収め再起に成功した[7]

2013年10月26日、サンホセハティージョにあるスポーツシティジムでWBA世界スーパーフェザー級4位のレネ・ゴンサレス(ニカラグア)とWBA世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦を行い、 2-0(48-48、49-46.5、49.5-47.5)の5回負傷判定勝ちを収め10ヵ月ぶりの王座返り咲きに成功した[8]

2013年12月29日、WBAから元WBA世界フェザー級暫定王者でWBA世界スーパーフェザー級2位のハビエル・フォルトゥナと指名試合を行うよう指令を出された[9][10]

2014年4月12日、ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナでWBA世界スーパーフェザー級8位のホセ・フェリックス・ジュニアと対戦し、3-0(117-110、114-113、114-113)の判定勝ちを収め初防衛に成功した[11]

2014年12月20日、キンタナ・ロー州カンクンでWBA世界スーパーフェザー級14位のセルヒオ・トンプソンとWBA世界スーパーフェザー級暫定王座の2度目の防衛戦を行う予定だったが、前日計量でバスケスが3ポンド体重超過の133ポンドを計測し計量失格となり王座を剥奪された。試合はトンプソンが勝てば王座を獲得し、バスケスが勝てば空位となるという条件で行われ、6回にトンプソンをぐらつかせ、7回には鼻血を流させるなどしてバスケスがペースを握り、トンプソンの9回終了時棄権によりバスケスが勝利した為、WBA世界スーパーフェザー級暫定王座は空位となった[12][13]

2015年5月16日、パナマシティのメガポリス・コンベンション・センターで元WBA世界フェザー級暫定王者ハビエル・フォルトゥナとWBA世界スーパーフェザー級王座決定戦を行い、5ヵ月ぶりの王座返り咲きを目指す[14]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:101戦94勝7敗
  • プロボクシング:35戦34勝 (18KO) 1敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2005年9月16日 1R KO ヤデル・オルティス ニカラグアの旗 ニカラグア プロデビュー戦
2 2005年10月16日 2R KO バイロン・モレノ ニカラグアの旗 ニカラグア
3 2005年11月17日 4R 判定3-0 ラモン・ウルビナ コスタリカの旗 コスタリカ
4 2006年2月13日 3R 0:10 TKO バイロン・モレノ ニカラグアの旗 ニカラグア
5 2006年3月20日 4R 判定3-0 カルロス・ペレス ニカラグアの旗 ニカラグア
6 2006年4月30日 ?R KO ホセ・ラモン・エストラーダ ニカラグアの旗 ニカラグア
7 2006年6月29日 ?R 判定3-0 エミリアノ・ロドリゲス コスタリカの旗 コスタリカ
8 2006年8月21日 8R 判定3-0 ウィリアム・バカ ニカラグアの旗 ニカラグア
9 2007年3月19日 1R KO ファン・カルロス・アコスタ パナマの旗 パナマ
10 2007年4月30日 3R 2:05 KO バイロン・モレノ ニカラグアの旗 ニカラグア
11 2007年7月30日 8R 判定2-1 ホセ・グティエレス ニカラグアの旗 ニカラグア
12 2007年10月15日 8R 判定3-0 フレディ・オポルタ ニカラグアの旗 ニカラグア
13 2007年12月10日 10R 判定3-0 レオパルド・アローチャ パナマの旗 パナマ
14 2008年4月19日 6R 0:10 KO ホセ・グティエレス ニカラグアの旗 ニカラグア WBAフェデラテンフェザー級王座決定戦
15 2008年6月30日 3R TKO レオパルド・アローチャ パナマの旗 パナマ
16 2009年4月18日 6R 判定3-0 エリック・サンドバル ニカラグアの旗 ニカラグア
17 2009年7月18日 1R 1:08 TKO エリック・サンドバル ニカラグアの旗 ニカラグア
18 2009年9月19日 8R 判定3-0 フレディ・オポルタ ニカラグアの旗 ニカラグア
19 2010年6月26日 7R 1:32 TKO ファン・デビッド・シエラ メキシコの旗 メキシコ
20 2010年9月1日 1R 0:40 KO ビルヒリオ・サーベドラ ニカラグアの旗 ニカラグア
21 2010年10月8日 8R 判定3-0 サントス・マルティネス ニカラグアの旗 ニカラグア
22 2010年11月25日 1R 1:23 KO ウーゴ・パチェコ メキシコの旗 メキシコ
23 2010年12月11日 1R 2:51 TKO ルイス・アセベド メキシコの旗 メキシコ
24 2011年1月9日 6R 判定3-0 ルイス・アルマンド・フアレス アルゼンチンの旗 アルゼンチン
25 2011年3月31日 9R 判定3-0 サントス・マルティネス ニカラグアの旗 ニカラグア WBAフェデボルスーパーフェザー級王座決定戦
26 2011年5月27日 1R 1:43 KO マイケル・イサーク・カレロ ニカラグアの旗 ニカラグア
27 2011年7月30日 11R 判定3-0 アラン・エレーラ メキシコの旗 メキシコ WBAフェデラテンスーパーフェザー級王座決定戦
28 2011年11月3日 12R 判定3-0 サントス・ベナビデス ニカラグアの旗 ニカラグア WBA世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦
29 2012年7月21日 9R 1:45 TKO ホルヘ・ラシエルバ メキシコの旗 メキシコ WBA防衛1
30 2012年12月31日 8R 3:00 TKO 内山高志(ワタナベ) 日本の旗 日本 WBA世界スーパーフェザー級王座統一戦
31 2013年2月28日 1R 2:59 KO ルイス・エルネスト・ホセ ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
32 2013年6月29日 4R 2:05 TKO エウヘニオ・ロペス メキシコの旗 メキシコ
33 2013年10月26日 5R 負傷判定2-0 レネ・ゴンサレス ニカラグアの旗 ニカラグア WBA世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦
34 2014年4月12日 12R 判定3-0 ホセ・フェリックス・ジュニア メキシコの旗 メキシコ WBA防衛1
35 2014年12月20日 9R終了 TKO セルヒオ・トンプソン メキシコの旗 メキシコ 体重超過により王座剥奪
36 2015年5月16日 - - - ハビエル・フォルトゥナ ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 WBA世界スーパーフェザー級王座決定戦・試合前

獲得タイトル[編集]

  • WBAフェデラテンフェザー級王座
  • WBAフェデボルスーパーフェザー級王座
  • WBAフェデラテンスーパーフェザー級王座
  • WBA世界スーパーフェザー級暫定王座(防衛1=陥落)
  • WBA世界スーパーフェザー級暫定王座(防衛1=剥奪)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 妻も世界王者!バスケス、好調/BOX サンケイスポーツ 2012年12月28日閲覧
  2. ^ 内山絶句…Sフェザー2人目暫定王者/BOX サンケイスポーツ 2011年11月8日閲覧
  3. ^ WBA公式サイト WBA Official Ratings as of November/December 2011参照
  4. ^ 暫定王座が剥奪されたわけではないので、正規王者が長期離脱するような緊急性がある場合は暫定王座の防衛戦を行うことができる。正規王者の指名試合の対戦相手の最有力候補であるのと同時にWBAによる暫定王座の更なる乱造の自制の意味合いのある措置である為。
  5. ^ 暫定バスケス、ラシエルバをKO WBA ボクシングニュース「Box-on!」 2012年7月23日
  6. ^ 内山、8回TKO勝ち!暫定王者バスケス退け、6度目防衛 スポニチアネックス 2012年12月31日
  7. ^ バスケス夫婦明暗 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年3月2日
  8. ^ バスケス、またしても暫定王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月27日
  9. ^ Moreno vs Payano and Vázquez vs Fortuna ordered to begin negotiation WBA公式サイト 2012年12月29日
  10. ^ バスケスが内山との再戦を熱望 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月30日
  11. ^ ジェシー・バルガスが新王者に、WBA・S・ライト級 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月13日
  12. ^ Vasquez Batters Yeyo Thompson; Title Remains Vacant WBA公式サイト 2014年12月21日
  13. ^ 体重超バスケスがトンプソンをTKO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月22日
  14. ^ Vasquez-Fortuna for WBA super featherweight title WBA公式サイト 2015年3月12日

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
サントス・ベネビデス
WBA世界スーパーフェザー級暫定王者

2011年11月3日 - 2012年12月31日

次暫定王者
王座統一戦により消滅
暫定王座決定戦 対戦者
レネ・ゴンサレス
WBA世界スーパーフェザー級暫定王者

2013年10月26日 - 2014年12月19日(剥奪)

次暫定王者
剥奪により消滅