ハビエル・フォルトゥナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハビエル・フォルトゥナ
基本情報
通称 El Abejon
階級 スーパーフェザー級
身長 170cm
リーチ 178cm
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
誕生日 1989年7月15日(27歳)
出身地 ラ・ロマーナ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 29
KO勝ち 21
敗け 1
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

ハビエル・フォルトゥナJavier Fortuna、男性、1989年7月15日 - )は、ドミニカ共和国プロボクサーラ・ロマーナ出身。元WBA世界フェザー級暫定王者。第29代WBA世界スーパーフェザー級王者。世界2階級制覇王者。プロモーターはサンプソン・ボクシング所属。

来歴[編集]

2009年3月30日、サントドミンゴのコリセオ・カルロス・テオ・クルスでデビュー戦を行い、初回KO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2010年8月19日、サントドミンゴのドミニカン・フィエスタ・ホテル&カジノで行われたWBAフェデボルスーパーフェザー級王座決定戦でフランシスコ・ロレンソと対戦するも、1回1分46秒無効試合で王座獲得ならず。

2011年3月12日、コネチカット州レッドヤード市フォックスウッズ・リゾート・カジノ内にあるMGMグランド・アット・フォックスウッズで行われたWBCインターコンチネンタルフェザー級ユース王座決定戦でデリック・ウィルソンと対戦し、8回2分28秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。同王座は1度防衛した。

2012年7月6日、ネバダ州ラスベガスハードロック・ホテル&カジノクリストバル・クルスと対戦し、2回2分22秒TKO勝ちを収めた。

2012年12月8日、ネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで、マニー・パッキャオファン・マヌエル・マルケス第4戦の前座でWBA世界フェザー級6位のパトリック・ハイランドとWBA世界フェザー級暫定王座決定戦を行い3-0の僅差判定勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

2013年4月19日、ニュージャージー州アトランティックシティトロピカーナ・カジノ&リゾート・アトランティックシティでWBA世界フェザー級15位のミゲル・サムディオと防衛戦を行う予定だったが、フォルトゥナが前日計量で127ポンドと体重超過があり、2時間後の再計量でも126.8ポンドと体重超過となり試合直前にして王座剥奪となった[2]。サムディオが勝てばサムディオが新王者となりフォルトゥナが勝てば王座は空位となる条件で試合が行われ、フォルトゥナが1回1分8秒KO勝ちを収めた為、王座は空位となった[3]

2013年12月29日、WBAからWBA世界スーパーフェザー級暫定王者ブライアン・バスケスと指名試合を行うよう指令を受けた[4][5]

2014年11月1日、イリノイ州シカゴUICパビリオンにてアンドルー・フォンファラドゥドゥ・ヌグンブの前座でアブネル・コットと対戦し、5回KOでフォルトゥナが勝利するが、試合はホールディングやプッシングなどで両者に再三レフェリーの注意が入る荒れた展開となった。2回にコットの明らかな後頭部へのパンチでフォルトゥナがリング上に倒れこむが、レフェリーはフォルトゥナがダウンをしたと判断しダウンカウントを取ったのにもかかわらずコットからも減点をするという不可解な裁定を行う。4回にはローブローでコットが減点され、そして4回終了のゴング後には両者が言い合いになったところで、フォルトゥナがパンチを繰り出してコットがダウンし、フォルトゥナが減点された。しかし、その映像がスロー再生されるとフォルトゥナのパンチは当たっておらず、コットにも当然ダメージは見られなかったが、コットのトレーナーがリング上を指差し必死にダウンをしろと指示した後にコットが演技で倒れこむような場面が映し出され、会場から失笑とブーイングが起こった[6][7]

2014年12月22日、ラ・ロマーナポリデポルティーボ・エレオンシオ・メルセデスミゲル・タベラスと対戦し、タベラスの初回終了時棄権によりノンタイトル10回戦を制した。

2015年5月29日、ニューヨークブルックリン区バークレイズ・センターにてアミール・カーンクリス・アルギエリの前座で、内山高志スーパー王座認定に伴い空位になったWBA世界スーパーフェザー級王座決定戦を元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者でWBA世界スーパーフェザー級2位のブライアン・バスケスと行い、3-0(116-112、2者が117-111)の判定勝ちを収め2階級制覇を達成した[8][9]

2015年6月5日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のバスケス戦に勝利しWBA世界スーパーフェザー級正規王者となったフォルトゥナをWBAの2015年5月度の月間MVPに選出した[10][11][12]

2015年9月29日、ネバダ州ラスベガスのパームス・カジノ・リゾートでWBA世界スーパーフェザー級8位のカルロス・ベラスケスと対戦し、10回35秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[13][14]

2016年6月24日、中国北京首都体育館で北京で行われているWBA年次総会の目玉の一つとしてWBA世界スーパーフェザー級8位のジェイソン・ソーサと対戦。試合は5回に先制ダウンを奪うなどリードを奪っていたが、10回にダウンを奪い返されると11回にソーサの連打でダウンし、立ち上がったものの試合続行不能と判断され初黒星となる11回45秒逆転TKO負けを喫し2度目の防衛に失敗し王座から陥落した[15][16]

2016年7月14日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のソーサ戦に敗れ王座から陥落したフォルトゥナをWBA世界スーパーフェザー級5位にランクインした[17]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 肩脱臼のフォルトゥーナが戴冠 WBAフェザー級暫定王座戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月10日
  2. ^ Fortuna loses WBA title on the scale WBA公式サイト 2013年4月19日
  3. ^ フォルトゥーナ 68秒KO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月20日
  4. ^ Moreno vs Payano and Vázquez vs Fortuna ordered to begin negotiation WBA公式サイト 2012年12月29日
  5. ^ バスケスが内山との再戦を熱望 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月30日
  6. ^ Fortuna: I'll Fight Mikey Garcia at Any Weight He Wants!”. BoxingScene.com (2014年11月2日). 2014年11月2日閲覧。
  7. ^ Cotto is Furious: Phantom Punch Was Real, I Was Hurt!”. BoxingScene.com (2014年11月2日). 2014年11月2日閲覧。
  8. ^ Photos: Fortuna decisions Vasquez: WBA review judges agree WBA公式サイト 2015年5月30日
  9. ^ カーンがアルジェリに判定勝ち、メイ戦に名乗り Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月30日
  10. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年6月5日
  11. ^ Javier Fortuna – Boxer of the month 05-2015 WBA公式サイト 2015年6月5日
  12. ^ 日テレG+が岩佐の世界戦放送、テレ東で具志堅秘話 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月5日
  13. ^ Good Fortune: Fortuna TKOs Velasquez WBA公式サイト 2015年9月30日
  14. ^ 内山高志の“下位王者”フォルトゥーナが初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月30日
  15. ^ Sosa upsets Fortuna to win WBA 130lb belt Fightnews.com 2016年6月24日
  16. ^ フォルトゥナ陥落、S・フェザー級戦線が混沌 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月25日
  17. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年7月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
パトリック・ハイランド
WBA世界フェザー級暫定王者
2012年12月8日 - 2013年4月18日(剥奪)
次暫定王者
剥奪により消滅
空位
前タイトル保持者
内山高志
第29代WBA世界スーパーフェザー級王者

2015年5月29日 - 2016年6月24日

次王者
ジェイソン・ソーサ