クリストバル・クルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリストバル・クルス
基本情報
本名 クリストバル・クルス・リベラ
通称 Lacandón(ラカンドン)
階級 フェザー級
身長 170cm
リーチ 173cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1977年5月19日(39歳)
出身地 チアパス州アリアガ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 65
勝ち 40
KO勝ち 24
敗け 20
引き分け 4
無効試合 1
テンプレートを表示

クリストバル・クルスCristóbal Cruz、男性、1977年5月19日 - )は、メキシコプロボクサーチアパス州アリアガ出身。第22代IBF世界フェザー級王者。

来歴[編集]

1992年1月17日、プロデビュー。

2002年1月26日、WBCアメリカ大陸フェザー級王座を獲得した。

2006年7月21日、NABO北米フェザー級王者スティーブン・ルエバノアメリカ合衆国)に挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。

2006年12月8日、WBCラテンアメリカフェザー級およびWBAフェデセントロスーパーフェザー級王座決定戦でホセ・レイジェスフィリピン)と対戦し、2-0の判定勝ちで王座を獲得した。

2007年4月13日、CABOFEスーパーフェザー級王者フランシスコ・ロレンソドミニカ共和国)に挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。

2008年3月9日、IBO世界フェザー級王者トーマス・マシャバ南アフリカ)に挑戦し、2-0の僅差判定勝ちで王座を獲得した。

2008年10月23日、IBF世界フェザー級王座決定戦でオルランド・サリド(メキシコ)と対戦し、2-1の判定勝ちで王座を獲得した。

2009年2月14日、シリル・トーマスフランス)と対戦し、3-0の判定勝ちで王座の初防衛に成功した。

2010年5月15日、4度目の防衛戦でオルランド・サリド(メキシコ)と対戦し、1-2の判定負けで王座から陥落した[1]

2012年2月24日、アメリカ合衆国デラウェア州ドーバーのドーバーダウンズホテル&カジノでWBC世界スーパーフェザー級シルバー王者ファン・カルロス・ブルゴス(メキシコ)と対戦し、10回0-3(2者が92-96、90-98)の判定負けを喫し、王座獲得に失敗した。

2012年7月6日、ハードロック・ホテル&カジノハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)と対戦し、2回2分22秒TKO負けを喫した。

2014年3月15日、チアパス州パレンケで元世界3階級制覇王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)とスーパーフェザー級契約戦を行い、10回0-2(91-97、92-96、94-94)の判定負けを喫した。

2014年6月27日、チアパス州コミタンエマヌエル・ロペス(メキシコ)とスーパーフェザー級契約戦を行い、10回判定で引き分けた。

2015年10月30日、フロリダ州オーランドザ・ベビューガーボンタ・デービス(アメリカ合衆国)とライト級8回戦を行い、3回1分21秒TKO負けを喫した。

2016年4月2日、カリフォルニア州ポート・ヒューニーメルイス・ラモス・ジュニア(アメリカ合衆国)とスーパーライト級8回戦を行い、8回0-3の判定負けを喫した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サリド、クルスを攻略 IBFフェザー級 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ロバート・ゲレーロ
第22代IBF世界フェザー級王者

2008年10月23日 - 2010年5月15日

次王者
オルランド・サリド