エマヌエル・ロペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エマヌエル・ロペス
基本情報
本名 ノエ・エマヌエル・ロペス
通称 Pollo
階級 スーパーフェザー級
身長 168cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1990-02-22) 1990年2月22日(29歳)
出身地 チアパス州コミタン
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 19
KO勝ち 8
敗け 4
引き分け 1
テンプレートを表示

エマヌエル・ロペスEmanuel Lopez、男性、1990年2月22日 - )は、メキシコプロボクサーチアパス州コミタン出身。元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者

来歴[編集]

2010年7月29日、チアパス州コミタンでマルコス・モンハレスとデビュー戦を行い、3回KO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2011年2月18日、チアパス州コミタンのパレンケ・デ・ガロスでチアパス州ライト級王者ブラウリオ・ロペスと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年5月18日、チアパス州コミタンのパレンケ・デ・ガロスでセサール・ソリアーノとメキシコライト級王座決定戦を行い、12回2-0(117-112、115-113、114-114)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年6月22日、ユカタン州メリダでエデュアルド・トーレスと対戦し、プロ初黒星となる8回0-3(72-80、2者が74-78)の判定負けを喫した。

2013年7月27日、チアパス州コミタンでデービス・ペレスと対戦し、7回51秒TKO勝ちを収め再起に成功した。

2013年12月21日、バハ・カリフォルニア州ティフアナでホセ・セペダと対戦し、キャリア初のKO負けとなる3回2分59秒KO負けを喫した。

2014年3月22日、ヌエボ・レオン州モンテレイモンテレー・アリーナでセルヒオ・プエンテと対戦し、1-2の判定負けを喫した。

2014年6月14日、チアパス州トゥストラ・グティエレスでヘスス・キハーダと対戦し、2-1の判定勝ちを収め再起に成功した。

2014年6月27日、チアパス州コミタンで元IBF世界フェザー級王者クリストバル・クルスと対戦し、10回判定で引き分けた。

2015年3月18日、WBAは最新ランキングを発表し、ロペスをWBA世界スーパーフェザー級4位にランクインした[1]

2015年3月21日、チアパス州タパチュラのパレンケ・デ・ラ・フェリア・メソアメリカーナでブライアン・バスケスの計量失格に伴い空位になったWBA世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦でWBA世界スーパーフェザー級5位のカルロス・パディージャと対戦し、9回2分24秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[2][3]

2015年4月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のパディージャ戦に勝利し王座を獲得したロペスをWBA世界スーパーフェザー級暫定王者としてWBA世界スーパーフェザー級1位にランクインした[4]

2015年6月20日、チアパス州コミタンのパレンケ・デ・ガロスでWBA世界スーパーフェザー級11位のローランド・ジオノと対戦し、10回1分34秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[5]

2015年10月23日、プロモーターとの契約問題の解決の目処が立たず、半年間は活動が出来ないことを理由に王座を剥奪された[6][7][8]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年3月18日
  2. ^ Emmanuel Lopez, New WBA 130 interim Champion WBA公式サイト 2015年3月22日
  3. ^ “ポージョ”ロペスがTKO勝ち、WBA・SFe級暫定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月22日
  4. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年4月10日
  5. ^ Pollo Lopez retains WBA interim 130lb belt WBA公式サイト 2015年6月21日
  6. ^ WBA strips 130lb interim champ Lopez fightnews.com 2015年10月23日
  7. ^ 内山高志の“下位”王者、暫定タイトルはく奪 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月25日
  8. ^ WBA Strips Lopez of Interim Super Featherweight Title WBA公式サイト 2015年10月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
カルロス・パディージャ
WBA世界スーパーフェザー級暫定王者
2015年3月21日 - 2015年10月23日(剥奪)
次暫定王者
N/A