ニコラス・ウォータース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニコラス・ウォータース
基本情報
通称 Axe Man(斬首人、斧切男)
階級 スーパーフェザー級
身長 170cm
リーチ 185cm
国籍 ジャマイカの旗 ジャマイカ
誕生日 (1986-01-04) 1986年1月4日(31歳)
出身地 モンテゴ・ベイ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 26
KO勝ち 21
敗け 1
引き分け 1
テンプレートを表示

ニコラス・ウォータースNicholas Walters1986年1月4日 - )は、ジャマイカプロボクサーモンテゴ・ベイ出身。元WBA世界フェザー級スーパー王者

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2007年、パンアメリカン競技大会フェザー級(57kg)で出場したが1回戦で敗退した[1]

2007年、アメリカのシカゴで開催された世界ボクシング選手権にフェザー級(57kg)で出場したが1回戦で敗退した[2]

プロ時代[編集]

2008年8月2日、プロデビュー。

2012年12月8日、1年振りの母国での試合で世界初挑戦。キングストンのナショナルインドアセンターで、ドーリス・プレスコットとWBA世界フェザー級王座決定戦を行い、4回・5回・7回に計3度ダウンを奪い7回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[3]

2013年12月12日、WBAがWBA世界フェザー級スーパー王者のシンピウィ・ベトイェカとの間で120日以内(2014年4月5日まで)に王座統一戦を行うよう指令を出した[4]

2014年5月31日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナシンピウィ・ベトイェカノニト・ドネアの前座でアレハンドロ・ペレスと対戦する予定だったが、同年3月29日にペレスがフアン・カルロス・マルティネスに負けを喫したことにより元世界2階級制覇王者のビック・ダルチニアンに対戦相手が変更になった。WBA世界フェザー級13位のビック・ダルチニアンと対戦し、初回こそは互角に進んだが2回に右アッパーで先制ダウンを奪った。そこから力の差が出て、5回には左フックから右フックでダウンを奪い、最後は左フック一撃でダルチニアンを失神。5回2分22秒KO勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[5]

2014年10月18日、カリフォルニア州カーソンスタブハブ・センター・テニスコートにてゲンナジー・ゴロフキンマルコ・アントニオ・ルビオの前座でWBA世界フェザー級スーパー王者ノニト・ドネアと統一戦を行い、3回と6回にダウンを奪い6回2分59秒KO勝ちを収め王座統一に成功した(記録上は3度目の防衛)[6][7]

2014年11月12日、WBAは最新ランキングを発表し、ウォータースはWBA世界フェザー級正規王座に据え置かれたものの上述のドネアとの王座統一戦の勝利が評価され、WBAの2014年10月度の月間優秀選手に選ばれた[8][9][10]

2015年2月21日、WBAはウォータースをスーパー王座に認定した[11][12]

2015年3月21日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアターガマリエル・ロドリゲスと4度目の防衛戦を行う予定だったが、ウォータースがインフルエンザに感染したため試合は延期となった[13][14]

2015年6月13日、マディソン・スクエア・ガーデン・シアターでWBA世界フェザー級7位でアマチュア時代に負けているミゲル・マリアガと対戦し、4度目の防衛戦を行う予定だったが、前日計量でウォータースがフェザー級の規定体重である126ポンド(57.15kg)を1.4ポンド超過の127.4ポンド(57.79kg)を計測し、1時間半後の再計量でも127ポンドを計測し体重超過による計量失格で王座剥奪となった為、試合はウォータースが勝てば王座は空位になり、マリアガが勝てば王座獲得となるという条件で行われ、ウォータースが3-0(118-109、117-110、119-108)の判定でアマチュア時代の借りを返す勝利を収めた為、王座は空位となった[15][16]

2015年7月8日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のマリアガ戦で計量失格となりWBA世界フェザー級スーパー王座を剥奪されたウォータースはWBA世界フェザー級3位にランクインした[17][18]

2015年12月10日、WBOは最新ランキングを発表し、ウォータースをWBO世界スーパーフェザー級6位にランクインした[19]

2015年12月19日、ニューヨーク州ヴェローナターニング・ストーン・リゾート・アンド・カジノルイス・オルティスvsブライアント・ジェニングスの前座でジェイソン・ソーサとスーパーフェザー級進出戦を行い、10回0-1(2者が95-95、94-96)で引き分けに終わりデビュー戦から続いていた連勝が26でストップした。しかし、この判定は大きな物議を醸し、この試合を放送していたHBOのスコアは99-91でウォータースを支持していた[20]

2016年1月19日、WBAは最新ランキングを発表し、ウォータースをWBA世界スーパーフェザー級2位にランクインした[21]

2016年5月6日、WBAは最新ランキングを発表し、ジェスレル・コラレス内山高志との王座統一戦を制し空位となったWBA世界スーパーフェザー級1位にランクインした[22]

2016年5月10日、WBOは最新ランキングを発表し、ウォータースをWBO世界スーパーフェザー級2位にランクインした[23]

2016年10月10日、WBOは最新ランキングを発表し、ウォータースをWBO世界スーパーフェザー級8位にランクインした[24]

2016年11月26日、ザ・コスモポリタンでWBO世界スーパーフェザー級王者のワシル・ロマチェンコと対戦し、ウォータースの7回終了時棄権によりプロ初黒星を喫すると共に2階級制覇に失敗した[25][26]

2017年8月19日、ネブラスカ州リンカーンピナクル・バンク・アリーナテレンス・クロフォードvsジュリアス・インドンゴ戦のアンダーカードでアルツロ・サントス・レイジェスと対戦する予定であったが[27]、ウォータースが高熱による体調不良により欠場となった[28]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 15.Panamerican Games - Rio de Janeiro, Brazil - July 20-28 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年6月1日閲覧。
  2. ^ 14.World Championships - Chicago, USA - October 23 - November 3 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月25日閲覧。
  3. ^ ウォーターズが地元で戴冠 WBAフェザー級王座決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月10日
  4. ^ Championships Committee orders mandatory fight between Veyteka and Walters WBA公式サイト 2013年12月12日
  5. ^ ウォータースがダルチニアンを5回KO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年5月31日
  6. ^ ドネア、ウォータースに6回KO負け Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月19日
  7. ^ Nicholas Walters annihilated Nonito Donaire by KO6 WBA公式サイト 2014年10月19日
  8. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年11月12日
  9. ^ Sergey Kovalev is the WBA boxer of the month WBA公式サイト 2014年11月13日
  10. ^ 清田祐三が12.9初防衛戦、WBA月間MVPはコバレフ Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月14日
  11. ^ Walters is the new 126 lbs. super champion and Cuellar promoted to regular champion WBA公式サイト 2015年2月21日
  12. ^ 内山高志とウォータースがスーパー王者に昇格 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月22日
  13. ^ Nicholas Walters KO'd By Flu For Planned March 21 Return”. BoxingScene.com (2015年2月2日). 2015年2月3日閲覧。
  14. ^ ウォータースが防衛戦を延期、インフルエンザに感染 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月3日
  15. ^ ウォータース、マリアガに3-0勝利、王座は空位に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月14日
  16. ^ Walters Defeats Marriaga WBA公式サイト 2015年6月14日
  17. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年7月8日
  18. ^ スーパー王者・内山高志が正規王座戦を解説 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月11日
  19. ^ WBO RANKING DECEMBER 2015 WBO公式サイト 2015年12月10日
  20. ^ オルティスKO勝ち、ウォータース不運なドロー Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月20日
  21. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年1月19日
  22. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年5月6日
  23. ^ WBO RANKING MAY 2016 WBO公式サイト 2016年5月10日
  24. ^ WBO RANKING OCTOBER 2016 WBO公式サイト 2016年10月10日
  25. ^ Lomachenko makes Walters say No Mas Fightnews.com 2016年11月27日
  26. ^ ロマチェンコTKO勝ち、ウォータース完敗認める Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月27日
  27. ^ 10.7クローラvsバーンズ、ウォータース復帰戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月8日
  28. ^ あすクロフォードvsインドンゴ、SL級4団体統一戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

WBA世界フェザー級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:セレスティーノ・カバジェロ
2012年12月8日 - 2015年2月21日 空位
(次タイトル獲得者:ヘスス・クエジャル
フェザー級王者
在位期間
[[N/A]] 2015年2月21日 - 2015年6月12日(剥奪) 剥奪により消滅