スティーブ・フォーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティーブ・フォーブス
基本情報
本名 スティーブ・フォーブス
通称 2POUND(ツーパウンド)
階級 ウェルター級
身長 171cm
リーチ 173cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1977-02-26) 1977年2月26日(40歳)
出身地 オレゴン州ポートランド
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 47
勝ち 35
KO勝ち 11
敗け 12
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

スティーブ・フォーブスSteve Forbes1977年2月26日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーオレゴン州ポートランド出身。第15代IBF世界スーパーフェザー級王者。KO負けは一つだけで最後まで粘り強く戦う堅実なスタイルで活躍した。

来歴[編集]

1996年12月6日、フォーブスはデビュー戦を行い4回2-0の判定勝ちで白星でデビューを飾った。

その後は無敗をキープしたが2000年3月11日、インディオのファンタジー・スプリングスカジノでIBA世界ライト級王者アレハンドロ・ゴンサレスと対戦し12回0-2の判定負けでキャリア初黒星を付けられ、王座獲得に失敗した。

2000年9月17日、デトロイトのコボ・アリーナでUSBA全米スーパーフェザー級王者デビット・サントスと対戦し12回3-0の判定勝ちで王座獲得に成功した。

2000年12月3日、ディエゴ・コラレスの返上で空位になったIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦をフロリダ州マイアミのミッコスーキー・インディアン・ゲーミング・リゾートでジョン・ブラウンと対戦し判定では1-2と負けていたが、8回2分22秒逆転TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2001年9月29日、前回と同じ場所でジョン・ブラウンとリマッチを行い12回3-0の判定勝ちで初防衛に成功した。

2002年8月18日、2年前に全米王座を獲得した相手でもあるデビット・サントスと再戦を行うも、前日計量でフォーブスが計量失格になったためフォーブスが勝てば王座は空位、サントスが勝てば王座交代の変則ルールで試合は通常通り行われ12回2-1の判定勝ちを収めたが、王座は空位になった。

2003年10月4日、ロサンゼルスステイプルズ・センターでIBF世界スーパーフェザー級王者カルロス・エルナンデスと対戦し10回0-3の負傷判定負けで1年2か月振りの王座返り咲きに失敗した。

2004年8月7日、コネチカット州フォックスウッズ・リゾート・カジノで今回の試合がアメリカデビューのWBA世界スーパーフェザー級王者ヨーサナン・3Kバッテリーと対戦し12回0-3の判定負けでIBFに続く王座獲得に失敗した。

2006年1月29日、ESPN主催のザ・コンテンダーに登場。フレディ・クリエールと対戦し5回3-0の判定勝ちで決勝にコマを進めた。

2006年2月1日、ニック・アセベドと対戦し5回2-1の判定勝ちでザ・コンテンダー優勝を果たした。

2007年3月17日、マンダレイ・ベイ・イベント・センターUSBA全米スーパーライト級王者で26戦全勝のデメトリアス・ホプキンスと対戦し12回0-3の判定負けで王座獲得に失敗した。

2008年5月3日、スタブハブ・センターで元世界6階級制覇王者オスカー・デ・ラ・ホーヤと対戦し完封負けとなる12回0-3の判定負けを喫した[1]

2008年9月27日、スタブハブ・センターでWBC世界ウェルター級王者アンドレ・ベルトと対戦し12回0-3の判定負けで2階級制覇に失敗した。

2011年6月17日、元トップアマでもあるカリム・メイフィールドと対戦しキャリア初のKO負けとなる最終10回1分3秒TKO負け。

2013年1月12日、後のWBA世界スーパーライト級暫定王者ヨハン・ペレスと対戦し10回0-2の判定負け。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デラホーヤ フォーブスを判定で下す 「AFPBB News」 2008年5月4日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ディエゴ・コラレス
IBF世界スーパーフェザー級王者

2000年12月3日 - 2002年8月17日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
カルロス・エルナンデス