ネート・キャンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネート・キャンベル
基本情報
本名 ナサニエル・キャンベル
通称 The Galaxy Warrior(ギャラクシー・ウォリアー)
階級 ライト級
身長 170cm
リーチ 183cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1972年3月7日(44歳)
出身地 フロリダ州ジャクソンビル
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 50
勝ち 37
KO勝ち 26
敗け 11
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

ナサニエル・キャンベル(Nathaniel "Nate" Campbell、男性、1972年3月7日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーフロリダ州タンパ出身。元WBAIBFWBO世界ライト級スーパー王者。アマチュアの経験が長く、スピードを重視した回転の速い連打で積極的に攻めるファイター型の選手で。「ギャラクシー・ウォリアー (The Galaxy Warrior)」の異名を持つ。3度目の挑戦にして初めてチャンピオンベルトを手にした。

来歴[編集]

スーパーフェザー級時代[編集]

キャンベルは2000年2月5日にフロリダでスーパーフェザー級の選手としてプロデビューする。好戦的なファイトで勝利を重ね、2002年3月22日にはNABA北米スーパーフェザー級王座を獲得。さらに同年9月14日にはNABF北米スーパーフェザー級王座も獲得した。しかし、翌2003年1月25日にキューバのオリンピック金メダリスト、ホエール・カサマヨールと対戦し、10回判定で敗れ自身初黒星を喫した。

さらに2004年3月14日にロビー・ピーデンに5回KOで敗れ世界王座挑戦権争いから一歩後退する。その後、2005年2月23日にIBF王者になっていたピーデンに挑戦するが8回TKOで敗れ雪辱は果たせなかった。

ライト級時代[編集]

すでに減量に限界を感じていたキャンベルは階級をライト級に上げ2006年4月7日にIBO世界ライト級王座に挑戦するも、この試合も敗れて王座獲得に失敗、同時にIBF世界ライト級王座挑戦権の獲得にも失敗した。 その後にIBF王座挑戦権を手に入れ、2008年3月8日に無敗のWBA・IBF・WBO世界ライト級スーパー王者ファン・ディアスに挑戦し、大方の予想を覆して判定勝利を収め、3団体統一王者として世界初戴冠を果たした。

2009年1月10日、キャンベルはWBAへの認定料の支払いやWBA世界ライト級スーパー王者として指名試合を行うことに関心が無くなった為、WBA世界ライト級スーパー王座を返上した[1]

2009年2月14日、アメリカ合衆国フロリダ州サンライズバンクアトランティック・センターアリ・フネカ南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国)と対戦する予定だったが、前日計量でキャンベルに体重超過がありIBF王座を剥奪され、WBO王座も剥奪された為、試合前に3団体の王座が空位となってしまった。試合はフネカが勝ったときのみWBAスーパー王座、IBF王座並びにWBO王座を獲得するという条件で行われ、キャンベルが12回2-0(115-111、114-112、113-113)の判定勝ちを収めた為、WBAスーパー王座もIBF王座もWBO王座も空位となった[2]

2009年8月1日、ティモシー・ブラッドリーの持つWBO世界スーパーライト級王座に挑戦。3回に左眉付近をカットし、3回終了TKO負けとなったが[3]、カットがバッティングによるものだったとして後日ノーコンテストに裁定が変更された[4]

2010年5月15日、ビクター・オルティスと対戦し、10回判定負け[5]

2011年4月9日、MGMグランドダニー・ガルシアと試合を行い0-3(99-91、98-92、100-90)の大差判定負け。

2011年9月25日、カビブ・アーラフベルディエフ(ロシア)と対戦し、6回負傷判定負け。

2013年4月27日、イギリスでテリー・フラナガンと対戦し、キャンベルが左手を負傷したため棄権。4回TKO負け。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NATE CAMPBELL VACATES WBA TITLE”. FIGHTHYPE (2009年1月10日). 2009年1月11日閲覧。
  2. ^ Michael Marley (2009年2月13日). “Campbell's Florida Flop, Blows TWO World Titles On Scales!”. Boxing Confidential. 2009年2月13日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ ブラッドリー、キャンベルを撃退 ダブル世界戦 アレクサンダー戴冠 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年8月2日閲覧
  4. ^ Bradley-Campbell result changed Fightnews.com 2009年8月24日
  5. ^ カーン、磐石の米国デビュー KOでV2 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前WBA・IBF・WBOスーパー王者
ファン・ディアス
WBA世界ライト級スーパー王者
2008年3月8日 - 2009年1月10日(返上)
次スーパー王者
返上により消滅
前王者
ファン・ディアス
第20代IBF世界ライト級王者
2008年3月8日 - 2009年2月13日(剥奪)
空位
次タイトル獲得者
ミゲル・バスケス
前王者
ファン・ディアス
第10代WBO世界ライト級王者
2008年3月8日 - 2009年2月13日(剥奪)
空位
次タイトル獲得者
ファン・マヌエル・マルケス