カビブ・アーラフベルディエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カビブ・アーラフベルディエフ
基本情報
本名 ハビブ・ミューリディノヴィチ・アーラフベルディエフ
通称 The Hawk(鷲)
階級 スーパーライト級
身長 173cm
リーチ 173cm
国籍 ロシアの旗 ロシア
誕生日 1982年12月8日(33歳)
出身地 ダゲスタン共和国カスピースク
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 19
KO勝ち 9
敗け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
ロシアの旗 ロシア
男子 ボクシング
世界ボクシング選手権
2005 綿陽 ライト級

カビブ・アーラフベルディエフKhabib Allakhverdiev1982年12月8日 - )は、ロシアプロボクサー。第48代WBA世界スーパーライト級王者。ダゲスタン共和国カスピースク出身。ロシアアメリカを拠点にプロ活動をしている。ボブ・アラムのトップランク所属。マネージャーは多くのロシアのボクサーをアメリカ進出とともに契約を持っているエグリス・クリマス。ハビブ・アラフベルディエフとも表記される[1]

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2005年11月、中華人民共和国綿陽市で行われた世界ボクシング選手権にてライト級銅メダルを獲得した[2]

プロ時代[編集]

2007年3月10日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンでデビュー戦を行い、初回2分59秒KO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2010年5月23日、モスクワにある赤の広場カーレン・テヴォスヤンABCOスーパーライト級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が116-113、117-112)の判定勝ちを収め王座を獲得した。この試合を機に拠点を主な拠点だったアメリカからロシアに移した。

2011年9月25日、クラスノダールのオリンプでネート・キャンベルと対戦し、6回3-0(3者共に60-56)の負傷判定勝ちを収めた。

2012年2月8日、モスクワのクリリヤ・ソヴェトフでイグナシオ・メンドーサWBAフェデラテンスーパーライト級王座決定戦を行い、7回23秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年6月20日、モスクワにあるCSKAでIBO世界スーパーライト級王者カイザー・マバザ(南アフリカ)と対戦し、初回と4回にダウンを奪い、4回KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年11月30日、BB&TセンターでWBA世界スーパーライト級王座決定戦をWBA世界スーパーライト級1位のホアン・グズマン(ドミニカ共和国)と対戦。グズマンが8回にスリップダウンの際に左足を負傷し、リングドクターがグズマンの試合続行不可能と判断し、8回2-1(2者が76-75、75-76)の負傷判定勝ちを収め、IBO王座初防衛、WBA王座獲得に成功した[3]

2013年7月13日、モンテカルロにあるサル・デ・ゼトワールで元世界2階級制覇王者ソレイマヌ・ムバイエフランス)と対戦し、11回2分27秒TKO勝ちを収めWBA王座は初、IBO王座2度目の防衛に成功した[4]

2014年4月12日、MGMグランドティモシー・ブラッドリーVSマニー・パッキャオ第2戦目の前座で登場。WBA世界スーパーライト級11位のジェシー・バルガスと対戦し、プロ初黒星となる12回0-3(111-117、2者が113-115)の判定負けを喫しWBA王座は2度目、IBO王座3度目の防衛に失敗しWBA・IBO王座から陥落した[5]

2015年10月3日、1年6ヵ月ぶりの試合。シンシナティU.S.バンク・アリーナジェシー・バルガスの王座返上に伴いWBA世界スーパーライト級王座決定戦を元世界3階級制覇王者でWBA2位のエイドリアン・ブローナーと行い12回2分23秒TKO負けを喫し1年6ヵ月ぶりの王座返り咲きに失敗した[6][7]。前戦で負けている者同士で王座決定戦であった。

2015年10月8日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のブローナー戦に敗れ王座返り咲きに失敗したアーラフベルディエフをスーパーライト級12位にランクインした[8]

獲得タイトル[編集]

  • ABCOスーパーライト級王座
  • WBAフェデラテンスーパーライト級王座
  • IBO世界スーパーライト級王座
  • 第48代WBA世界スーパーライト級王座(防衛1)

脚注[編集]

  1. ^ アラフベルディエフ、グスマンに負傷判定勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月1日
  2. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月5日閲覧。
  3. ^ アラフベルディエフ、グスマンに負傷判定勝ち ボクシングニュース「Box-on!」2012年12月1日閲覧
  4. ^ アラフベルディエフ、ムバイをストップ ボクシングニュース「Box-on!」2013年7月15日閲覧
  5. ^ ジェシー・バルガスが新王者に、WBA・S・ライト級 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月13日
  6. ^ Broner Wins WBA World Super Lightweight Title WBA公式サイト 2015年10月4日
  7. ^ ブローナーが4階級制覇、WBA・S・ライト級王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月4日
  8. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年10月8日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
マルコス・マイダナ
第48代WBA世界スーパーライト級王者

2012年11月30日 - 2014年4月12日

次王者
ジェシー・バルガス